心配する人たちの前で転卵したラッキー母さん

画像

抱卵している周りに無数のハエが集まった昨日。
草刈中の抱卵中断時間が長くて失敗かしたかと、
心配する人たちの前で転卵したラッキー母さん。

画像

水門の前でお兄さんを待っていたバロン夫婦。
お兄さんの前へ行ってじゃれつこうとする相棒、
自分が先だと前に立ちはだかって押しとどめる。

画像

フェンスの先を回ってきた母さんと子ども三羽。
遅れてきた三羽はフェンスが邪魔で立ち往生、
こっちにもクローバーはあると諦め座り込む。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.5 4:14)
元気がないラッキー母さんに代わり父さんが代役
画像

まだ釣り針が刺さったままのビッグ母さんの瘤

画像

まだ釣り針が刺さったままのビッグ母さんの瘤。
誰かが外してあげようと追い回したのだろうか、
いつも最前列なのに岸から離れて待つ母さん。

画像

お兄さんが階段を下りてきても警戒した様子、
「母さんおいで」と呼ばれても前に出てこない。
遠くの空がほのかに染まって川面に映り始める。

画像

抱卵中のラッキー母さんが気掛かりなのだろう、
父さんは近くの岸辺を行ったり来たりして警護。
お兄さんが呼ぼうとしたら飛んできた父さん。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.4 6:40)
市民農園跡でクローバーを啄んでいた親子
画像

コブに釣り針が刺さっていたビッグ母さん

画像

コブに釣り針が刺さっていたビッグ母さん、
気になるのか何度も頭を振って元気がない。
吸い殻をまき散らして帰った釣り人の仕業か。

画像

針を気にする母さんに代わって父さんが代役、
子どもたち九羽を連れて岸辺でお兄さんを待つ。
お兄さんが母さんを呼んでも近寄ってこない。

画像

餌を食べたらコイ叩きに興ずるラッキー父さん、
パンを前に浮かべ浮上したコイの頭を嘴で叩く。
叩くのに合わせ父さんの横でジャンプしたコイ。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.3 4:44)
尾羽を振って合図し羽ばたいたラッキー父さん
画像

母さんが抱卵する前に座り込んでいた父さん

画像

お兄さんが呼んでも出てこないラッキー父さん。
母さんが抱卵する前に座り込んでいた父さん、
昨日の草刈りへの恐怖がまだ抜けていないのか。

画像

抱卵の場所から左右に15mを刈り残してあり、
無事残っていた巣に抱卵している母さんの姿。
必死で巣をを守ろうとした父さんは疲労困憊。

画像

「助けて」と散歩の人三人に頼まれたと作業者、
作業者も営巣場所が分かったら教えてほしいと。
抱卵を中断していた時間が気になるお兄さん。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.2 4:32)
「ラッキーもう大丈夫」と言われ餌を貰いに
画像

片翼を失ったカルガモも一緒にお兄さんを待つ

画像

お兄さんが来た気配を感じたのかビッグ親子、
岸辺に集まって母さんと子どもが岸に上がる。
片翼を失ったカルガモも一緒にお兄さんを待つ。

画像

鉄砲で撃たれたのだろう片翼がちぎれ落ちて、
お兄さんに餌を貰って生き延びたカルガモ。
最近やっと私が近寄っても逃げなくなった。

画像

今朝も市民農園跡でクローバーを食べる親子、
食べても食べても育つ市民農園跡のクローバー。
ここにいて怖いのはリードを外された犬だけ。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.1 4:42)
発作橋上流から手賀沼に通うコブハクチョウ
画像

一斉に岸に上がろうとする九羽の子どもたち

画像

朝焼けが川面に映る水門前で待つビッグ親子。
お兄さんが餌の支度をして車のドアを閉めた音、
一斉に岸に上がろうとする九羽の子どもたち。

画像

ラッキー父さんが餌を貰えば浮上したコイ数匹、
頭を水に沈めコイを追い浮上した頭を嘴で叩く。
コイも賢くなって父さんの後ろに回って浮上。

画像

市民農園跡地でクローバーを啄んでいた親子。
撮っても撮ってもどれかの子どもの頭が隠れ、
親子が揃って頭を上げるのを待ってつい長居。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.31 4:13)
急いで土手に登れば薄れはじめた瞬時の朝焼け
画像

「遅いぞ」と体の直前で止めた羽パンチの真似

画像

こむら返りが痛くて動けなかったお兄さん、
遅れて来れば待ちわびていたビッグ父さん。
「遅いぞ」と体の直前で止めた羽パンチの真似。

画像

散歩のおばさんが来て母さんの前に立てば、
大急ぎでおばさんの方へ泳いで行く父さん。
おばさんの餌に好物のパンが入っているから。

画像

お兄さんが来るのを待っていたラッキー父さん。
手にじゃれようと岸の斜面を登ろうとしたら、
足が滑り慌てて羽ばたいて体勢を立て直す。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.30 4:59)
バロン母さんの首にタナゴ釣りの糸のペンダント
画像

お兄さんの手からパンを貰うラッキー父さん

画像

お兄さんの手からパンを貰うラッキー父さん。
ドッグフードや鶏の餌よりパンを好む父さん、
ビッグもラッキーも雄の方がパンを好きらしい。

画像

お兄さんが抱卵している母さんを見に行けば、
後を追って来て間近に母さんを覗く父さん。
雛誕生まではあと10日ほどだろうとお兄さん。

画像

お兄さんが手を振ってから走り出せば尾を振り、
水門へ走るお兄さんを追って羽ばたき助走する。
いつもお兄さんの行動を見ているらしい父さん。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.29 4:15)
ビッグ親子の記録をビデオ撮影するお兄さん
画像

水門前を行ったり来たり待っていたビッグ親子

画像

水門前を行ったり来たり待っていたビッグ親子。
父さん母さんは階段を下りるお兄さんを見詰め、
岸辺に集まってお兄さんの餌を待つ子どもたち。

画像

バロン夫婦が大好きなコイ釣りに来るお兄さん。
遊んで貰っていれば竿がしなり繰り出す釣り糸、
たも網で引き上げて測ってみれば96㎝の大物。

画像

市民農園跡でクローバーを食べていた四羽の子、
もうたくさん食べたのか座り込んで休憩モード。
母さんが食べている間は父さんが来て見張り役。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.28 4:33)
浅間橋の上を赤く染め薄雲の向こうに日の出
画像

餌を食べたら泳ぎ始めたビッグ母さんと子ども。

画像

親はパンが大好物でも子どもたちは鶏の餌だけ、
こんなに大きくなってもパンを食べない子ども。
餌を食べたら泳ぎ始めたビッグ母さんと子ども。

画像

水門前に待っていたラッキー父さんに餌を与え、
土手の上から抱卵中の母さんを覗いたお兄さん。
目を開きお兄さんに尾羽を二三度振った母さん。

画像

水生植物園跡に来てクローバを食べていた親子。
カメラを構えてちょっとずつ近寄るカメラマン、
これ以上近寄るなと羽半開きで構える母さん。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.27 4:50)
陽が登れば引き始めた干拓地や手賀川の霧
画像

立ち上がって五個の卵を転卵して見せた母さん

画像

お兄さんが散歩のおばさんと話をしていたら、
「見て」と言うように尾を振るラッキー母さん。
立ち上がって五個の卵を転卵して見せた母さん。

画像

遠出し戻ってくる四羽の子どもの父さん母さん、
子どもがいないと眺めたら背中から子どもの頭。
一羽じゃないはずだと岸辺に戻る親子を待つ。

画像

母さんが立ち止まり背中をこっちに向ければ、
背中にぎっしり潜り込んでいた四羽の子ども。
一羽ずつ背中から滑り降り母さんの後ろを泳ぐ。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.26 4:18)
お兄さんを待って水門前にビッグ夫婦と九羽の子
画像

生まれてちょうど一ヶ月になったビッグの子

画像

生まれてちょうど一ヶ月になったビッグの子、
すくすく成長し一羽も欠けずに九羽とも元気。
すぐ親から離れ勝手に動く子がちょっと心配。

画像

何処を通ってきたかバレバレの父さん母さん。
子どもたちはクローバーを食べ終わったのに、
まだまだきれいにならない母さんの羽繕い。

画像

ここ数日見付けるのが難しい四羽の子連れ。
六羽の子どもの父さんに追い掛けられてから、
びくびくと隠れるように移動する若い夫婦。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.25 5:00)
霧が引き始めて眩しくなってきた日差し
画像

暫くすると水門前から母さんと子どもの姿

画像

見回りから戻ったのかビッグ父さんの着水音。
土手の向こうに待っていたのはビッグ父さん、
暫くすると水門前から母さんと子どもの姿。

画像

バロン夫婦にビデをカメラを向けたお兄さん。
覗き込もうと近寄る父さんの後ろから母さん、
振り向き「お前は来るな」と言うのか父さん。

画像

母さんと一緒にクローバー食べた市民農園跡。
たくさん食べて眠くなったような子どもたち、
やっと落ち着いてクローバー食べられる母さん。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.24 4:34)
電柱と鉄塔が乱立する対岸から眩しい日の出
画像

二羽足りないと思ったら母さんの陰にいた二羽

画像

水門前の岸に待っていたのはビッグ父さんだけ。
岸辺のヒメガマが揺れ出てきた母さんと子ども、
二羽足りないと思ったら母さんの陰にいた二羽。

画像

パンを貰ったラッキー父さん今度は遊びの誘い。
お兄さんに嘴を掴ませて始まる引っ張りっこ、
頃合いを見て手を離せば勝ったと喜ぶ父さん。

画像

眠っているように背中に嘴を埋めていた母さん。
対岸の土手の草刈りが済んでぼつぼつこちら側、
乗用自走式草刈機に驚いて抱卵放棄が気掛かり。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.23 4:22)
瞬時の朝焼けに土手に登ればもう消え始める
画像

今朝も元気だったビッグの9羽の子どもたち

画像

今朝も元気だったビッグの9羽の子どもたち。
いつものように兄さんの前に寄ってくる子ども、
早く餌を頂戴と催促しに上がって来た母さん。

画像

農道を歩き通せん坊する雄一羽と雌三羽のキジ。
遠慮して手前で止まって待てば逃げようとせず、
フロントガラス越しに撮ればピントが合わない。

画像

水生植物園跡でクローバーを食べていた親子。
母さんの傍でのんびり食べる6羽の子どもたち、
父さんは早く帰ろうと誘うように通路の先に。
画像


今朝の手賀沼  (2019.5.22 4:32)
伸びる飛行機雲の先端できらりと光った飛行機

お兄さんが来たら岸に上がるビッグの子ども

画像

大雨の予報で昨夕から下げられた手賀川の水位。
お兄さんが来たら岸に上がるビッグの子ども、
後を追う母さん濡れたコンクリートに滑る足。

画像

昨日朝に比べ15㎝程下がった手賀川の水位。
濡れた斜面が滑るから前屈みになってお兄さん、
餌を与えればパンだけを拾うラッキー父さん。

画像

上流にいた夫婦に「バロン飛んで」とお兄さん。
南東の強い風に向かって羽ばたき飛び立って、
二羽が並んで飛んだがわずかにずれた同時着水。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.21 4:57)
雨が降り始めても羽を広げて干していたカワウ
画像

小降りになった岸辺でお兄さんの前へ急ぐ親子

画像

ザアと来た通り雨をものともしないビッグ親子、
水門前に来て待っていた子ども9羽はみな元気。
小降りになった岸辺でお兄さんの前へ急ぐ親子。

画像

子ども6羽を連れた遊歩道脇のコブハクチョウ、
水生植物園跡でクローバーを啄む母さんと子ら。
待ちくたびれ羽に頭を埋めて休んでいる父さん。

画像

子ども4羽を連れて岡発戸新田の釣堀前の沖、
古い於朶の前で寛いでいたコブハクチョウ親子。
遊び疲れたか岸辺のマコモの群落に戻ってくる。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.20 7:10)
ミシシッピアカミミガメは杭の上で甲羅干し
画像

子どもたちを連れいつも餌を貰う岸へ向かう

画像

水門のゲート前付近に寛いでいたビッグ親子。
近寄ってくるお兄さんの車の音と分かったのか、
子どもたちを連れいつも餌を貰う岸へ向かう。

画像

土手の上から階段を降りてくるお兄さんを見て、
母さんは首を伸ばし「グー」と鳴いて朝の挨拶。
岸に上がってお兄さんを出迎える子どもたち。

画像

お兄さんが餌を与えたら真っ先に近寄る母さん。
首を伸ばし母さんが先に食べるのかと思えば、
子どもたちの方へ餌を広げ後ろに下がって待つ。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.19 6:19)
カイツブリもカワウもオオバンもいない曇天の沼
画像

餌を持ちお兄さんが階段を下ってくるのを待つ

画像

岸に上がったビッグ父さんと9羽の子どもたち、
餌を持ちお兄さんが階段を下ってくるのを待つ。
父さんの挨拶は戯れ気味に手心加えた羽パンチ。

画像

市民農園跡のクローバーが刈り取られたから、
水生植物園跡に来てクローバーを食べる親子。
一人二人と立ち寄って写真を撮る人眺める人。

画像

まだ生まれてさほど日が経っていない雛四羽、
若いカップルと滝下広場西側の取水口の近くに。
父さんに促されてマコモの根を食べに出掛ける。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.18 4:32)
二度目の巣でまだ抱卵中のラッキー母さん
画像

日に日に大きくなる子どもたちは旺盛な食欲

画像

お兄さんの前に集まって餌を待つビッグ親子。
日に日に大きくなる子どもたちは旺盛な食欲、
生意気に親から離れる子もいて親は大忙し。

画像

今朝もまた安泰だったラッキー母さんの抱卵。
まだ半月以上抱卵を続けなくてはならぬ母さん、
羽に嘴を埋め眠っているようでも時折開く目。

画像

遊び相手になってくれたコイ釣りのお兄さん、
コイが掛かればあとさがりしたバロン夫婦。
釣り竿がしなり釣り上げたコイは60㎝ほど。
-
今朝の手賀沼  (2019.5.17 4:46)
遊んで貰い餌を貰ってのんびり寛ぐバロン夫婦
画像