雲から出て雲に隠れた瞬時の日の出

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.6.29)
(アルツハイマー)

雲から出て雲に隠れた瞬時の日の出。200629.jpg

揺れる蕎麦畑を見詰めたら、蕎麦の実を啄んでいたスズメ数羽。200629a.jpg

草むらに頭だけが見え隠れ、前に出て鳴いて羽ばたいたキジ。200629b.jpg


『ぎりぎりで幸運だったね』 (2020.6.29)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「電話、今受け取りました。元気ですか?」「元気です」「ここにいると危ないことから隔離しているってあなたから聞きいて、ありがたいって思った」「面会と外出を禁止して伝染病からあんたたちを守ってることね。ちょっと前にAと電話で話した。会社に行かず、家で仕事をしているよ」「Aはどこに住んでるの?」「八王子」「何処かへ逃げて引っ越したかと思った」「伝染病から?」「そう」「人から人へ伝染するし、誰が罹っていいるか分からないから、引っ越しするよりも人に近寄らないようにする方がいいの」「あなたはどこへ隔離されてるの?」「家にいる。丸いテーブルの前に座って電話してる」「あなたは湖北の方の施設に隔離されてるかと思った」「ロイヤルや和楽園のこと? そこは去年まであんたが火木土のデイケアやショートステイに行っていたところ。私は家にいるよ」「私は今みたいに危なくなる直前にここに入れて、ぎりぎりで幸運だったね」「いつそんなこと考えた?」「さっき考えた。ここへ来る前に何処かの病院にいたよね」「去年は膵炎になって入院したり、目眩や吐き気で何度か救急車に乗ったし、休みの日や夜に病院に連れて行ったこともあったし、グループホーム寿に入居する直前も膵炎再発でJAとりで総合医療センターに入院した」「利根川を渡った時の景色を思い出した」「ここに入居して平和台病院の訪問診療を受けるようになって膵炎も目眩や吐き気も再発してない」「元気になったからあなたに会いたい」「一週間後に面会できるよ。あんたは体操したり歌を歌う大きな部屋のガラス窓の前、私は外の駐車場にいてガラス窓越しに面会できる」「何でもいいから会えれば嬉しい。希望が持てる。それまでに病気しないでね」「もう終わりの時間。CDを鳴らして」「・・・これでいいかな。・・・鳴った」「電話機を返してきてから歌ってね」「よっこらしょ。転びそうだ。・・・今村です。お返しします」

(38年前引っ越してきた頃はベランダから手賀沼が見えたが、今はびっしりと立ちはだかる住宅。散歩の帰り道、遊歩道から自宅が見えたと数年前の妻の思い出話。まだ思い出せるかその風景。)200629c.jpg