遊歩道を歩けば枯れた葦の向こうに日の出

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.4.2)
(アルツハイマー)

遊歩道を歩けば枯れた葦の向こうに日の出。右に行っても左に行っても見つからなかった隙間。200402.jpg

散歩の人が近寄って来たら、遊歩道から飛び立って通り過ぎるのを待つツグミ。200402a.jpg

鳴き声を頼りに探したら、繁みの隙間から見えたホオジロ。200402b.jpg


『外へ出られないのは健康的じゃない』 (2020.4.2)
妻に電話した昨日午後、「もしもし」「もしもし、元気な声だね」「元気でいるものですか、よたよた歩いてるよ。午前中はみんなで集まって何かお話を聞いたが、あまり聞きたいお話でもなかったから記憶にない。お昼ご飯を食べ、みんなで掃除をして、自分の部屋に戻った」「ご飯はおいしかった?」「おいしかったよ」「よかったね」「今日は雨だけど、窓から見ると垣根があって、隙間から車がいっぱい駐車していた。その先の広い道を下ったら市役所、手賀沼沿いに家に行く道は分かるから、あなたが本当に家にいるか検分に行こうかと思った。トイレに行って戻って来たら、電話が来たと繋いでくれた」「ありがとうって言ってる声が聞こえたよ」「私はちゃんとお礼を言って、丁寧に応対するようにいつも心がけているよ。そうすればやさしく対応してもらえるもの」「午前中にAさんから電話があって、私が腰が痛いとブログに書いたから、必要なものがあったら買ってきてくれるって言ってくれた。足りないものの買い物をお願いした」「彼女は優しいね。手紙もくれたよ。私も元気になったから帰っていろいろやってあげる。ここにいるのは意味ないもの」「家にいるときは、目眩や吐き気、頭がガンガンしたり、頭の中に仕切板があるみたいだと苦しんでいたが、そこへ入って平和台病院の訪問診療の先生が定期的に来て診てくれすっかりよくなった。そこでは元気に過ごせるように健康面や生活面で面倒を見てもらえる。そこにいる意味は、家にいては難しい健康的な生活を維持できるってこと」「外へ出られないのは健康的じゃない」「いまは伝染病が流行っているから外へ出られないの」「そうか。日本中?」「日本だけじゃなく世界中」「厄介だね。いつ終わるの?」「分からない。終わったら一緒に手賀沼へ散歩に行ったり、家を見に戻ったりしようね。続きの話は明日しよう」「じゃあ、電話機を返してくる」200402c.jpg
(強風に波立つ水面すれすれに飛ぶユリカモメ、こんな日はさりげなく急ぎの用事を思い出し、散歩を断っていた妻を思い出す)