雨は止んだが薄霧が出てきた早朝の手賀沼

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.12.31)
(アルツハイマー)

雨は止んだが薄霧が出てきた早朝の手賀沼。191231.jpg

「コブハクチョウが出てきた」と散歩がてらに出てきた友。「どこに?」と言ったらレンズに手を添えて「こっちこっち」と居場所を教えてくれた。コブハクチョウの子ども6羽が岸沿いに岡発戸新田の方へ向かう。191231a.jpg

今朝もハス群生地に来ていたオオハクチョウの群。二人だけの大晦日でも、やり残したことに急かされて家路へ。191231b.jpg


『一口かじって「おいしい。すごく甘くなった」』 (2019.12.31)
「私は何をしたらいいの?」「どうしちゃったのよ、急に?」「私は何をしなきゃいけないか、何をしようとしてたのか、私には全然分からなくなった。どうしたらいいの?」「ちょっと、落ち着いてね。今、朝ご飯の仕度をしてるんだ。電子レンジで干し柿をチンしてよ。甘くなるよ」と干し柿をのせた皿を渡したら電子レンジを探してうろうろ。「これ?」と言ってオーブントースターに入れようとする。「電子レンジ・・・、電子レンジだよ」と言えば目の前にある電子レンジが見えていない。「これだよ」と電子レンジの扉を叩いたら、「えー、それに入れるの」と。ふと思った。干し柿は冷凍品でもなく、電子レンジで温めて食べるなんてイメージは湧かなかったのだろう。調理する道具じゃなく、食べるときのイメージで探していたのかも。しばらくして牛乳を温めるのには躊躇せず電子レンジを使っていた。止める間もなく温めた牛乳にインスタントコーヒーを一匙入れてかき混ぜていた妻。「コーヒーじゃなくてココアを入れるんだったでしょう」と言ったら、「今日はこっちの方がいいの。どっちだっていいでしょ、私が入れたい方を入れたって」と、間違えたんじゃなくてこっちがいいと言い始めたらもうダメ、やりたいようにさせておいた。
電子レンジで温めた干し柿を食卓に並べると、一口かじって「おいしい。すごく甘くなった」と言って朝食前に一個食べてしまった。「切り干し芋だって火鉢の炭火で炙ったら甘くなったね」と言って、子どもの頃を思い出して、子どもの頃の食べ物のことを話し始めた。いつもと味が違うからか、インスタントコーヒーを入れた牛乳は最後まで残っていた。二個ずつ用意した干し柿は、「お昼にも食べる」と別の皿に取り分け、私の分の一個は妻の食後のデザートになってしまった。
貼るのを忘れないように食卓の隅においてあったリバスタッチパッチが姿を消した。「どこへ持って行った?」「知らない」「見つからないと今夜困っちゃうね」と言って一緒に探した。あるべきところに置いてないRセンターとの通い袋、もしかしてと二階に探しに行くと妻の日程表と一緒にあった。そして通い袋の中にリバスタッチパッチも。リバスタッチパッチの袋に日付を書いていたから、その日付とお便り帳の日付、予定表の日付を照合していたらしい。
昼食は冷凍のチャーハンを電子レンジで解凍。「私がやる」と皿に盛ってラップを掛け、電子レンジに入れた。「壊れちゃった」と言うので見に行ったら、レンジではなくオーブンの設定にして動かしていた。妻にとっては電子レンジとの相性が悪くなった日だった。191231c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント