風の通り道は波立ってブルー

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.11.30)
(アルツハイマー)

地平線の空のオレンジ色を映した沼を風が吹き抜けたら、風の通り道は波立ってブルーに。191130.jpg

沼を渡って飛ぶカワウの群。やがて遠ざかり黒い雲に溶け込んで見えなくなる。191130a.jpg

地平線の雲から出はじめたた太陽。雲の上まで登れば眩しすぎてもう撮れない。191130b.jpg



『空想の世界から現実の我孫子での食卓に戻った』 (2019.11.30
昨日早朝、妻の様子を見に行くと頭を抱えてベッドにうずくまり、「頭が狂っちゃった。何をしようとしていたか分からなくなっちゃった」と言う。「大丈夫、目が覚めたら直ぐ治るよ」と声を掛けたら頭を上げ、「私はいつここに来たの?」「いつって、どこから?」「横浜からちょっと前に来たような気がする」「横浜から来たのは40年近く前」「ここは我孫子なの? 団地なの?」「我孫子の自宅だよ」「一戸建て?」「我孫子に来てこの家を立てずっと住んでいるよ」「私の頭は横浜から来たばかり、ずっとここに住んでたなら矛盾してる。私は私の人生を変えちゃってる」と言って着替えを始めた。ブラジャーのつけ方が分からなくなったと言うので、見ると先日通販で買ったもの。止める場所が僅かに違うだけ。今まで使っていたものを手に取ると難なく着用できた。
朝食後のひととき、頭に浮かぶことを実況中継するような妻の独り言。「直ぐ思い出せるのは岩滑(妻の実家付近)の景色、初めて勤めた佐倉小学校から池新田を通って新野から南山に出た道の景色もすっと思い出せるよ」「結婚して武蔵小山に住んで、等々力に引っ越したね」「うん、どっちも憶えてるよ。公団が当たって等々力から横浜の片倉台団地に引っ越して直ぐ、区役所が紹介してくれた東神奈川の保育園に行ったら、保育園の周りに職を探す人がいっぱい集まっていて、あまり大きくない保育園は廊下まで子どもを寝かせていた。ここには預けられないと思った。六角橋の商店街近くの保育園は空きがあったが、商店街が10時から始まるので9時半からしか預かってくれない。困っちゃって等々力にいたとき預けていたなおみ保育園に行ったら、まだそのまま空きが残っていたからまた入れてくれたが、区役所の補助金分は自己負担になった。毎朝尾山台まで遠回りして、預けてから大井町の立会小学校に通ったの」と言って泣きべそをかき始めた。「どうして泣くのと?」と言ったら「あっ、泣いてた?」と言って、記憶を辿る空想の世界から現実の我孫子での食卓に戻った。よほど困って辛かった記憶だろう、横浜に引っ越して長女を預ける保育園探しの記憶は鮮明だ。横浜に住んでいたときのことを思い出すときはいつもこの話から始まるので、最近になって何度か聞かされている。私は海外出張の多い頃で、出張と出張の間に私の職場の皆さんが手伝ってくれて一気に引っ越し、皆さんと昼食を食べていたとき、人類が初めて月面に立った画像がテレビに映っていたのが私の引っ越しの記憶。思い返せば全て妻任せだった。
夕食の頃になるといつもの妻に戻っていた。電子レンジを使おうとして、「動かない」と妻。もう一度やらせたらスタートボタンの代わりに取消ボタンを押していた。「こっちだよ」とスタートボタンを指さしたら、三度目はちゃんと動いた。「私の頭はここにない」というので、「どこに忘れて来たの?」と茶化すと、「頭に訊いても分からないよ」と。妻の混乱ぶりも収まってやっと笑顔が出た。ここ二日間で急に認知症が進んだようだ。191130c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント