濃霧の中にぼやけた街灯が三つ四つ

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.11.25)
(アルツハイマー)


自宅から桃山公園への道、濃霧の中にぼやけた街灯が三つ四つ。191125.jpg

なにも見えなかった高台の下、明るくなってやっと市民農園跡の畑が見え始め、霧が流れたら見え隠れする対岸。191125a.jpg

微かに霧の中に浮き出てきた岡発戸新田の突端、数枚撮ってネコの木を望遠で撮ろうとしたら、流れてきた霧にまた消えてしまった。191125b.jpg



『久しぶりにおしゃべりできて楽しかった』 (2019.11.25)
たまった洗濯物を洗濯機に入れ始動してから妻の様子を見に行った昨日午前中、テレビを見て一人で笑っていた妻。妻のお茶の友だちから電話があった。お互いの近況を話していたのだろう、妻は宙を指さし地図をなぞるような仕草をしながらW園への道を説明してから、一号室にいたこと、いろんなグループの人が研修に来ていてグループごとに話し合いをしていたと言っていた。ショートステイから帰ってきてからの妻の話も、聞いていると研修会のためにWに泊まっていたような気分で過ごして来たらしい。たぶん職員の方がうまく相づちを打ってその気にさせてくれたのだろう。友だちとの電話の会話では、楽しかった様子を少し話したら、またWへの道順の話しを繰り返す妻。妻の状況を知っている友だちが上手に話を聞いてくれていたのだろう、ちょっとハイになって電話の子機を返しに来た。「何を話していたたの?」と問うと、「いっぱい。もう忘れちゃったけど、久しぶりにおしゃべりできて楽しかった」と言った。
洗濯機から洗い上がったものを取り出していた妻に、「昼食は何がいい?」と訊くと「なんでもいい。暖かい麺がいい」というので近所のガストへ行くことにした。しばらくして様子を見に行くと洗濯物を干すのは途中まで、鏡台の前に座ってお化粧中。横にはまだ干すものが残っていた籠。気がついてまた干し始めた妻を待つ。
近所のガストに行って、前回と同じ『一日分の野菜のベジ塩タンメン』までは直ぐに決まったが、セットだと付いている『具たくさんフルーツヨーグルト』より『お濃い抹茶ババロアと白玉あずきの盛り合わせ』の方がいいかなとメニューとにらめっこ。妻には少し量が多すぎるかと思ったが、おしゃべりをしながら完食。
いつもの日曜日より遅い夕食の支度。手伝おうとする妻に宅配弁当を並べ、インスタント味噌汁に湯を注ぐのを頼み、ちょっと目を離したらその隙に朝食用に買っておいた野菜サラダとハムも盛りつけてあった。「これは明日の朝にしようね」と器にラップ掛けを始めると、余分なことをしたのに気付いたのか「私は食卓を賑やかにしたいだけだったの」と言い訳。冷蔵庫の扉に『野菜サラダは朝食用---夕食には使わないで』と張り紙がしてあり、それを指さしたら「何度も読んだけど、夕食の支度をするときは見えないの」と言う。さて、何か妙案はないものか。191125c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい かわいい

この記事へのコメント