コイ釣りのお兄さんの前に直行

撮影ノート『手賀5有情』 (2019.9.25)
(アルツハイマー)

お兄さんとコイ釣りのお兄さんが同時に着いて水門前に降りてきた。いつも遊んでくれたりパンを呉れるコイ釣りのお兄さんを大好きなバロン夫婦。毎朝待っている大好きなお兄さんの前を通り過ぎてコイ釣りのお兄さんの前に直行。190925.jpg

今年はまだウラナミシジミが出てこないねと話をしていたら、目の前のアレチウリの葉に止まっていたウラナミシジミ。190925a.jpg

家路へ急いだ曙橋周辺、手賀川下流に雲間から落ちる光芒。190925b.jpg


『鍵がない! 薬もない!』(2019.9.25)
昨日朝、Rセンターから10分後に迎えに来ると電話があって、待ちきれず外に出ようとした妻。通い袋に昼の薬を入れ、通い袋の上に鍵とココセコムの端末が入った袋を置いたのに、ちょっと目を離した隙に消えていた。「鍵を持ってる? 鍵を掛けて行かなきゃだめよ」と言ったら「鍵がない」と言って戻って来た妻。玄関に腰掛け手提げバッグの中をかき回して通い袋を取り出したが鍵はない。手提げバッグ中のものを全部取りだし、最後にポケットをチェックしたら鍵が出て来た。念のため通い袋を見たら入れておいた昼の薬がない。チャイムが鳴って、迎えのスタッフの方が来たのに見つからない。私もパニックになって、「どこに入れたのよ」と言えば「知らない、私がやったのなら憶えていないよ」と。ふと料金改定の同意書を入れておいた封筒を通い袋から取り出すと、中に薬らしき手触り。封筒を開いたら中から同意書といっしょに昼の薬。場を取り持つようにスタッフの方、「袋の中のものを勝手に触らないでね」と言えば、妻は「ハイ」と優等生の返事。
無事送りだし、玄関の外から鍵を掛ける影が磨りガラスの向こう。出掛ける直前に目を離した私に隙があったし、直ぐ忘れる妻に「どこに入れたのよ」と問い詰めるのも愚かなこと。慌てるとついやってしまう同じような反省。190925c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント