「ア~」「ホ~」と聞こえるヨシゴイの掛け合い

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.7.18)

ヨシゴイが飛んで来るのを撮ろうとしたが、霧が濃くてピントが合わない。ヒメガマの群落の端にとまったのを撮っていれば、群落の中からヨシゴイの「ア~」と言うような鳴き声。霧の中にとまった一羽がそれに合わせて「ホ~」と鳴く。「ア~」と鳴けば「ホー」と応え、いつまでも続く掛け合い。ファインダーを覗きじっと聞いていれば、二羽のヨシゴイの掛け合いは「阿呆」「阿呆」と聞こえてくる。こんな霧の中でお前は「阿呆」かとからかわれているようだ。190718.jpg

餌を貰ったラッキー親子がヒメガマの群落へ向かえば、霧の中をゴイサギが飛んだ。二羽のヨシゴイも飛んで、しばらくしたら戻って来たが、もう「ア~」「ホ~」の掛け合いはやらない。ラッキー親子と入れ替わりにヒメガマの群落から川を渡って来たオオバン親子、父さんが運んできた餌を母さんが受け取り子どもたちに食べさせる。190718a.jpg190718b.jpg190718c.jpg
今朝も元気な姿を見る事ができたビッグ親子やラッキー親子とバロン夫婦。