お兄さんの車の音に落ち着かないビッグ親子

画像

いつもならもうお兄さんに餌を貰っていたころ、
お兄さんの車の音に落ち着かないビッグ親子。
空腹だろう昨日夕方雨で餌を貰えなかったから。

画像

ラッキーの子どもの鳴く声が下流から聞こえ、
一つ下流の水門へ移動しようとしたお兄さん。
その時父さんが現れ後ろから母さんと子どもも。

画像

お兄さんが岸に餌をおいたらグレーの子が突進、
食い意地が張っているのか貪るように食べる。
食べるだけ食べたら待っていた子と入れ替わる。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.25 4:30)
曇天のわずかな隙間に真っ赤な日の出
画像

家族を代表しお兄さんを出迎えるビッグ母さん

画像

お兄さんが土手の上に現れ階段を下ってきたら、
家族を代表しお兄さんを出迎えるビッグ母さん。
体調不良だった子も元気になり食欲も出てきた。

画像

土手にお兄さんの姿を見付けたラッキー母さん、
子ども三羽を連れ草地を歩いて水門前へ向かう。
よちよち歩く母さんの後に草に埋もれた子ども。

画像

泳いで先回りし岸で待っていたラッキー父さん、
覗き込む母さんの横から水に飛び込む子ども。
いつもの場所でいつものように餌を貰う親子。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.24 4:11)
橋の灯りが目立ついつまでも暗い雨の夜明け
画像

親の周りに集まってじゃれ合う子どもたち

画像

走ってくる車の音でお兄さんと分かったのか、
首を伸ばしビッグ父さんと母さんが水門前へ。
親の周りに集まってじゃれ合う子どもたち。

画像

体調不良になった子もだいぶ元気になって、
母さんの横に割り込み鶏の餌を拾って食べる。
昨日に比べればよく食べるからもう大丈夫か。

画像

上流に出掛けていたラッキー親子を見付け、
浅間橋上流二つ目の水門に呼んだお兄さん。
餌の前に突進し勢いよく食べるグレーの子。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.23 4:43)
ヒメガマの群落を潜って戻ってくるバロン夫婦
画像

他の兄弟と一緒に餌を食べた体調不良の子

画像

他の兄弟と一緒に餌を食べた体調不良の子、
ちょっとだけ食べたらやっぱり後にさがる。
昨日よりは元気になったがまだ疲れた様子。

画像

尾で水を掛け岸に置いた餌を流出させるコイ。
子ども一羽を跳ね上げてコイが浮上したら、
驚いたラッキー父さんと母さんがコイを追う。

画像

「父さんどこ」と話し掛けてきたおばあちゃん、
「大変だねぇ、女手だけで子育てして」と呟く。
帰ったのか少し離れて待っていた父さんがいない。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.22 4:50)
低い雲が流れ去れば上空に広がる真っ白な雲
画像

元気がなくて一羽だけ取り残された子ども

画像

お兄さんが来たら集まって来たビッグ親子。
元気がなくて一羽だけ取り残された子ども、
釣り糸が絡んでもいないしただぼんやりと。

画像

お兄さんが餌を与えても一羽だけ食べない。
一度餌の前まで近寄ったが直ぐに餌から離れ、
去年釣りの錘の鉛を食べ死んだ子を思い出す。

画像

餌を貰うラッキー親子の周りに浮上するコイ。
母さんは噛みつこうとし唸ってコイに迫り、
父さんは嘴のパンチを振り下ろし頭を叩く。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.21 4:54)
ラッキー親子を撮っていたら飛んだヨシゴイ
画像

お兄さんの車の音を聞いて集まったビッグ親子

画像

お兄さんの車の音を聞いて集まったビッグ親子。
母さんは岸に上がって餌の入ったバケツを覗き、
父さんは気配を感じて浮上するコイに目配り。

画像

いつも餌を貰う水門前には釣り人が来ていて、
一つ上流の水門に行こうか迷うラッキー親子。
上流へ先回りし「ラッキー」と呼んだお兄さん。

画像

お兄さんが与えた餌を嘴で掻き出した父さん。
子どもたちはクローバーの葉とパンを食べ、
父さんはパン母さんはドッグフードを食べる。
-
今朝の手賀沼  (2019.06.20 5:56)
市民農園跡にクローバーを食べに来た親子
画像

岸辺に置いた餌を嘴で広げるビッグ父さん

画像

岸辺に置いた餌を嘴で広げるビッグ父さん。
子どもたちが食べれば母さんはじっと眺め、
父さんはコイを追い払い流れ出した餌を啄む。

画像

上流に向かって「ラッキー」と呼ぶお兄さん。
水面が揺れて下流から現れたラッキー父さん、
少し遅れ母さんと子ども三羽も現れ餌を貰う。

画像

子どもにヒメガマ引き抜いて食べさせようと、
ヒメガマの群落の端に出掛けたラッキー親子。
成長しすぎた水中茎を噛んで子どもに与える。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.19 4:30)
空と川面を赤く染め雲間に目映い日の出
画像

早く欲しいと一斉に餌の入ったバケツに注目

画像

朝焼けを撮っていたら待ちきれないビッグ親子。
お兄さんが餌を持って階段を下れば岸に並び、
早く欲しいと一斉に餌の入ったバケツに注目。

画像

浅間橋上流の水門にラッキー親子が来ていない。
昨夕一つ上流の水門で餌を沢山与えた人がいて、
まだ残っていた餌を食べたのかその傍に親子。

画像

「餌は十分に残っているな」と言ったお兄さん。
一握りだけドッグフードとパンを投げ与えたら、
食べ慣れた餌がいいのかがつがつ食べる親子。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.18 4:46)
地平線の雲から出てすぐまた雲に隠れた日の出
画像

ビッグ親子は餌を貰いお兄さんは移動した後

画像

自宅を出たら大きくなりそうな朝焼けの始まり。
市民農園跡に寄って朝焼けを撮っていたので、
ビッグ親子は餌を貰いお兄さんは移動した後。

画像

強風を避け水路西側で餌を貰ったラッキー親子。
父さんが嘴で餌を川面に掻き出せばコイが浮上、
子どもは逃げ母さんが嘴パンチを振り下ろす。

画像

強風に川面は波立ち川を渡ろうとしたが断念、
マコモの間を潜って草刈り跡に上がった親子。
親たちが羽繕いを始めれは真似をする子ども。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.17 4:10)
久々に見たどんどん大きく広がる朝焼け
画像

未練がましく向きを変え上流へ向かう父さん

画像

お兄さんにじゃれて遊びたいラッキー父さん。
「母さんとチビたちを迎えに行って」と言えば、
未練がましく向きを変え上流へ向かう父さん。

画像

上流から母さんと子どもたちが泳いで来れば、
急かせるように振り向き振り向き戻ってくる。
母さんが目を離せば道草したがる子どもたち。

画像

お兄さんの近くまで戻れば急に速度を上げて、
「呼んできたぞ」と言いたいのか尾羽を振る。
早く餌をとお兄さんの方に首を伸ばして催促。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.16 4:11)
雷雨に悩まされた夜は明け水門前にビッグ親子
画像

農家の人からのプレゼントだろう余った稲の苗

画像

農家の人からのプレゼントだろう余った稲の苗。
水門前にやってきてちょっと啄んだビッグの子、
葛の葉の餌を持つお兄さんの前に急いで集まる。

画像

嘴で岸から餌を広げて浮かべるラッキー母さん、
浮上するコイの頭を嘴で叩こうとする父さん。
子どもたちの周りに出て餌を吸い込むコイの口。

画像

子どもが餌を拾っていれば目の前にコイ浮上。
近寄る大きな口に子どもはびっくり仰天後退り、
気付いた母さんは嘴で叩き頭を沈め追い掛ける。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.15 4:50)
降り止まぬ雨に鳥の姿は見えない手賀川下流
画像

優しい親に戻って餌を食べる子どもを見守る

画像

何事もなかったように8羽の子どもを連れて、
餌を貰いに下流から泳いできたビッグ夫婦。
優しい親に戻って餌を食べる子どもを見守る。

画像

逆立ちをしてヒメガマを引き抜くラッキー夫婦、
引き抜いた水中茎を噛んで子どもに食べさせる。
マコモもヒメガマも成長しすぎていて親は大変。

画像

父さんはまだ市民農園跡でクローバーを食べ、
子ども6羽を連れた母さんは沼へ戻り羽繕い中。
寄り添ってお化粧が終わるのを待つ子どもたち。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.14 4:27)
地平線を赤く染め久しぶりに快晴の日の出
画像

子ども三羽を連れ餌を貰いに来たラッキー夫婦

画像

子ども三羽を連れ餌を貰いに来たラッキー夫婦。
母さんは久しぶりに貰うお兄さんの餌に夢中、
父さんはパンを噛み砕き子どもの方へ広げる。

画像

母さんが食べ終わったらヒメガマを食べさせに、
子どもたちを連れて川中央のヒメガマの群落へ。
引き抜いた水中茎を噛んで子どもに食べさせる。

画像

子どもたちを自慢したいのかラッキー父さん、
まだ眺めていたお兄さんの前まで連れてくる。
父さんにから離れないよう後を追うどもたち。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.13 4:12)
待っていたのはビッグ夫婦と子ども8羽だけ
画像


昨日の出来事
草刈り後の岸に上がっていたのだろうビッグ親子、父さん先頭に水門前に向かう。父さん母さんの後を追って次々と川に入る子どもたち。いつも親から離れて家族の行動を妨げる一番体が小さい子、また親から離れて勝手に泳ぎ出す。
突然母さんが追い掛け子どもの首に噛みついたら、父さんも追い掛けてきて噛みつかれた子は追い詰められる。母さんに代わって父さんに噛みつかれ、行き場を失った子は岸に上がって逃げる。
下流から川に入って戻ってくれば、また父さんに追い掛けられて対岸まで逃げたが許してもらえず、一羽だけで上流へ向かって消えた子ども。
体の小さい子一羽はますます他の兄弟との体格差が広がりもう育たないと思ったのか、いつも勝手な行動で他の子どもが手足纏になったからなのか。親に見放されたらまだ一羽だけでは生き延びられないだろうに。
画像

画像

画像

画像

画像

「ラッキー」と呼ばれ餌を貰いに父さんが飛来

画像

いつも水門前に待っている父さんの姿は見えず、
巣を見に行ったら母さんと子ども三羽もいない。
「ラッキー」と呼ばれ餌を貰いに父さんが飛来。

画像

子どもを連れマコモの間から川へ抜けた母さん。
迎えに来て欲しそうにじっと父さんを眺めれば、
貰った餌を食べるのをやめ迎えに来た父さん。

画像

卵の状態を確認しに近寄ろうとしたお兄さん。
お兄さんの前まで来て立ちふさがった父さん、
開いた羽で叩く真似をし土手の上まで押し戻す。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.12 5:11)
貰ったクローバーを子どもの方に寄せる両親
画像

お腹の下から現れた三羽の子どもと卵2個

画像

ラッキー母さんが立ち上がって羽ばたけば、
お腹の下から現れた三羽の子どもと卵2個。
孵らない卵2個はもうダメだろうとお兄さん。

画像

母さんが羽繕いを始めた横に三羽の子ども。
母さんが食べ残したパンの欠片を拾って食べ、
巣の周りに生えていた草をちょっとだけ啄む。

画像

川の真ん中にいた父さんが突然飛び立って、
大急ぎで母さんや子どもの傍へ戻って来る。
その時「トビだ」と上空を指さしたお兄さん。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.11 4:58)
ラッキーの子に与えようとクローバーを摘む
画像

狡いぞ父さん子どもを待たせて先につまみ食い

画像

昨日コブに刺さった釣り針を外して貰ったから、
近寄っても逃げとうとはしないビッグ母さん。
狡いぞ父さん子どもを待たせて先につまみ食い。

画像

昨日二羽誕生し三羽になったラッキー夫婦の子。
雨だから傘のように子どもを覆う母さんの羽、
小さな頭が覗き母さんの横に出てきた子ども。

画像

「中へ入りな」と羽をそっと子どもに被せれば、
背中が揺れて押し出されるように別な子ども。
一羽が入ればもう一羽が出てきて母さん大忙し。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.10 4:48)
前が見えないほどパンを咥えたハシブトガラス
画像


父さんは心配そうに母さんの横に座って警護

画像

昨日の午後ラッキーの雛一羽が誕生したと友。
眠っているようで目を微かに開けていた母さん、
父さんは心配そうに母さんの横に座って警護。

画像

「母さん見せて」とお兄さんが言えば立ち上がり、
見せてくれたお腹の下にいた雛一羽と卵四つ。
母さんが座れば暫くして背中にちらりと雛の頭。

画像

巣近くから助走し羽ばたいて飛び立った父さん。
上空を飛んだのは去年の子どもだと分かったか、
ちょっと威嚇しただけで本気で追おうとはしない。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.9 4:41)
両親の巣を覗き込むように飛び去った去年の子
画像

抱卵中の母さんの近くを見回るラッキー父さん

画像

抱卵中の母さんの近くを見回るラッキー父さん。
巣を眺めに来ていたお兄さんが水門前へ走り、
「ラッキー飛んで」と叫べば尾羽を振り応える。

画像

向きを変え羽ばたいて助走するラッキー父さん、
慌ててレンズを向けたがピントが合わず焦る。
岸辺のヒメガマが邪魔しなくなりやっと撮れる。

画像

水門前で待つ兄さんに向かって飛んだ父さん、
お兄さんの前に着水したら羽を広げて急制動。
「ありがとう」と言われ尾羽を振って嬉しそう。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.8 4:38)
子ども一羽が遅れ迎えに戻ったビッグ母さん
画像

コブに刺さった釣り針はまだ刺さったままだが

画像

コブに刺さった釣り針はまだ刺さったままだが、
元気が出てきて子どもたちと泳ぐビッグ母さん。
以前のようにしんがりで家族を警護する父さん。

画像

いつもより少し遅れてバロンのところに着けば、
待ちかねた夫婦は水門前の岸を行ったり来たり。
階段を下るお兄さんを出迎え岸へ先導する一羽。

画像

犬の散歩から帰ってきた人を見付けた母さん、
子どもたちを連れて休憩場所のベンチの陰に。
居座った父さんは犬に向かって羽半開きで威嚇。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.7 4:25)
元気が出てきたビッグ母さんの周りに子どもたち
画像

兄弟の輪の外にいた子が近寄り父さんを突く

画像

ビッグ父さんを囲んみじゃれて突く子どもたち。
お兄さんが到着した音に子どもたちは岸に急ぎ、
兄弟の輪の外にいた子が近寄り父さんを突く。

画像

刺さった針を気にせず元気が出てきた母さん、
瘤に刺さった針に結んだ糸が微かに揺れて光る。
お兄さんが呼んでもちょっと近づき直ぐ逃げる。

画像

近ごろ朝の挨拶をしなくなったラッキー父さん。
お兄さんが「おはようラッキー」と言ったら、
機嫌がいいのか首を伸ばし「グー」と応えた。
-
今朝の手賀沼  (2019.6.6 6:34)
クローバーを食べに親子が通う市民農園跡地
画像