ひとまず終了

撮影ノート『手賀沼有情』 (2021.3.22)
(アルツハイマーになった妻)

『ひとまず終了』 (2021.3.22)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「びっくりして腰を抜かした。AとLから誕生祝の手紙が来た」「去年のものだね。花をもらった時のものだ」「今日は何月何日?」「3月21日」「去年11月に誕生日の花をくれた。花に手紙が付いていた。お父さんが来て、話をしてくれたの?」「私はその頃、グループホーム寿には行っていない。コロナが流行っていて面会禁止だったから」「私は今、返事を書いていた。その必要がないなら気が楽になった。見当違いのお祝いありがとうと、書こうとしていた。毎日、鏡台とテーブルしか使っていないが、この手紙が出てきた。何が何だか分からなくなっていた」「花を貰った時に付いていたものだが、昨日あんたが箱の中を調べたから出てきたのでしょう。何日か前に箱を探していたら、私とあんたのツーショットが3枚出てきた。その翌日には、また見つからなくなった」「知らない」「私は、毎日電話しているよ」「憶えてない。写真を見ると姉妹の名前が直ぐに出てきて言える。父の周りに姉妹7人が居る。顔を見て名前の分からない人が一人いる」「それは、あんたのすぐ下の妹のHさんだ」「私80歳。お父さんが高校3年のとき、私が1年だったから、お父さんは82」「私は片方しか見えないから、あんたの顔を忘れちゃう。だから、あんたも私もお互いに写真を見て電話するといいね」「これから、写真を見て誰だか分からなくなったりしても、声を聞くと誰だか分かる。昔のことが頭の中からなくなっていくのは辛い」「見える間に会いたい」「見える内でもあの世に行く人がいる。見えなくなった人でも生きている人がいる。人はいろいろ。年取っても同じであることはない。何かの会であっても同じことが違うことになる。父の顔を忘れても、頭の中に残っている可能性はある」「年だもんね」「今から言っておく。長い間お世話になりましたと言いたい」「私の心に刻んだよ。私も沢山面倒をみて貰った。有難うね」「50年以上一緒に生きてきた。怒られたって恐くない。そういう間柄になっている。長いことありがとう。最後にお別れするときにね、私に言えることは、昔のお父さんじゃないかも知れないが、いろいろ頭の中に残っている。長い間ありがとうね。人生にはこうしてどの夫婦も別れていった。死に別れした人は死ねるまで一緒に生きたと言える。長い間、有難う。言える間に言っておく」「私も言っておく。公子と一緒に生きて沢山面倒見てくれて有難う。二人で生きた」「お互いに、有難う・有難うで終われば、あの世に行ってきちんと報告できる。でも、まだお別れじゃないよ」「時間になったからCD鳴らして」・・・。「鳴ったから電話返してくる」

(残念ながら、急激な視力低下によってパソコンに向かっての作業が不可能になりました。これを以ってブログは終了いたします。まだまだこれからも介護のことが続くでしょう。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 47

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

一読者
2021年03月21日 21:19
鳥の写真に心を和ませてもらっていました。目の状態が悪くなりませんように、お祈りしています。
エーデル幼稚園の近所の人
2021年03月22日 19:22
毎日、毎日、朝早く撮影お疲れ様でした
私も桃山公園を横切ったり、駅前から真っすぐ進んで手賀沼へ日々、行っております。素敵な朝焼けから、曇り空の手賀沼など、また小さな花、樹木の名前までよくご存知で勉強になり楽しませて頂きました。
寂しい気が致しますが、まずは、御自身のお身体を第一になされますようお祈り申し上げます。
2021年03月23日 10:57
毎日毎日、「手賀沼有情」を拝読するのが日課になっておりましたので、これからどうしたらいいのか・・・と空虚感を抱いています。
手賀沼を愛する地域に同時期位から住み始めた・・・ということもあり、まず「手賀沼の写真の素晴らしさ」に惹かれ、それと同時に、「手賀沼の白鳥物語」に一喜一憂し、今は「奥さまのこと」に心奪われていました。
家人88歳、私83歳・・・という家族構成から、「老いる」ということの大きな問題も一緒に考えさせられたり・・・。
どうぞ、御身お大切に、愛する奥様と共に一日でも長く手賀沼の思い出を共有して頑張ってください。
長い間ありがとうございました!
くみこ
2021年03月23日 16:35
毎日の更新をとても楽しみにしておりましたので突然のピリオドとても残念に思っています。

きっかけはコブハクチョウでしたが、最後は
純文学のような美しき夫婦愛をたくさん見せていただき感嘆の日々でした。

どなたの人生においても修行のような出来事がずっと続くようですね。
何があっても逆境におかれても「希望」だけは、どうか失わないで下さいませ。

ご家族の皆様の末永いお幸せを心よりお祈りしています。
手賀っ子
2021年03月23日 17:08
15年位前から毎日楽しみに拝読しておりました
6年程前に湖北台から関西に越しました
30年ほど住んでいた我孫子
手賀沼大好きでした
ブログを拝読している時、心は我孫子に、手賀沼に飛んでいました

ブログ終了はとても寂しいですがお身体を大切にして頂きたいです
長いこと素敵なブログを有難うございました
まさくん
2021年03月28日 16:27
この1週間ほど、年度末の忙しさにかまけて、ログインしておりませんでした。胸騒ぎがして、ログインしたら、、、喪失感の一言です。お疲れ様でした。どうか、撮影は、続けてください。