曇天の裾野に幾筋も淡いオレンジ色の雲の隙間

撮影ノート『手賀沼有情』 (2021.3.14)
(アルツハイマーになった妻)

曇天の裾野に幾筋も淡いオレンジ色の雲の隙間。210314.jpg

雲の隙間の向こうに昇る太陽、赤く滲み出るように雲間の周りを丸く染める。210314a.jpg

一輪だけ赤く咲いたゲンペイモモの花。210314b.jpg


『頭の中に絵が出ない』 (2021.3.14)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「どこにいる?」「家」「あなたの家どこだった?」「Aさんの家から坂を登った所」「坂を登って右に行けば神社?」「そう」「左は駐車場になっている」「家がないのか、あんたの頭にある景色はどこ?」「頭の中は駅の方から来て左に曲がった。近くに行って絵がなくなった」「私がいるところは、二人で建て、一緒に住んで子育てをした家」「知識としては分かるが、頭の中に絵が出ない」「今はどこの景色?」「坂を下って右にAさんの家、左へ行けば神社に上る階段、登った先に私たちの家があった。そこに住んでいた?」「そう」「その道をまっすぐ行って、大きい道に出る前に左に行くと下の子を入れた学校」「高野山小学校」「新しく出来た学校だった。上の子は?」「我孫子中学校、小学校の方に曲がらず真っ直ぐ広い道に出て少し東へ行った所」「中学は分からない。その辺の見当は付くが、どこを曲がるか頭の中から消えている」「私たちが住んでいた家はどこ?」「高野山」「高野山って我孫子じゃない。高野山近くの駅は?」「天王台と東我孫子」「線路の名前は?」「天王台は常磐線、東我孫子は無人駅で成田線」「私たちの近くにあった。356はどこからどこへ行くの?」「我孫子から、消防署、タビヤ、我孫子中学校の前を通って成田に向かい、銚子まで行く」「私たちの家はタビヤの横を入ったところ」「そう」「私たちが使った駅は?」「我孫子と天王台。バスで出掛けるときはタビヤの前から我孫子に出た。あんたが車を運転して駅までの送り迎えをしてくれた」「私は運転していたのか」「依田先生からアルツハイマーの薬を始めるから車は止めるように言われ、その日からぴたりと止めた」「偉いねぇ公子さん。私、まだ会話は出来ている。耳に聞こえていることに反応できる間は生きられると思う。こういう病気を治せる薬はあるの」「まだない」「回復はしないなら、一時一時を会話できたらいいとする」「時間だ。電話機返してきて」「・・・鳴ったから電話返してくる」210314c.jpg
(風が強く広場にツグミもスズメもムクドリも来なかった朝、帰ろうとしたら目の前に飛来、レンズを向けても逃げようとしなかったムクドリ。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント