ちょっとだけ雲が染まった日の出の方向の空

撮影ノート『手賀沼有情』 (2021.2.15)
(アルツハイマーになった妻)

ちょっとだけ雲が染まった日の出の方向。210215.jpg

遠くの雲間から漏れたであろう朝の光、空高くまで瞬時の朝焼け。間もなく遠くの雲間が閉じたのか色褪せ、ぽつりとカメラに落ちた雨粒。210215a.jpg

帰ろうとしたら飛んできたカワラヒワ、よく見たら近くにツグミも。210215b.jpg


『いつも電話ありがとう』 (2021.2.15)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「いつも電話ありがとう」「憶えてるの?」「夜寝る前に一日を振り返ったら電話もらったと思った。元気?」「元気」「電話くれるから暇?」「やることはあるよ」「男の暇は暇じゃない、女の暇はほんとに暇。午前中に体操をやった。戻って気持ちよく昼ご飯を食べた。外の駐車場で車から降りた人も体操から帰ってきたのかな。駐車場の先はお父さんと歩いた道。昼間見行ったのと夜見に行ったのでは景色が違う。実物を見ないと分からない。夜寝る前などラジオを点けて人の声を聞くと気が楽になる。お父さん暇でしょ、何してる?」「朝早く手賀沼の写真を撮りに行く」「お父さんの仕事だ」「帰ったら雨戸を開けて写真をパソコンに入れる。それから朝食」「パンを買ってきて食べる?」「パンの他に野菜サラダ、味噌汁、ヨーグルトも用意する」「偉いね」「少し寝てから、パソコンの作業。ブログやフェースブックに写真や文章を出す」「私はバカになって、お父さんがインターネットに出しても見ることが出来ない。家に帰った時に見せて」「コロナが収まったら家に来て、見せてあげる」「前にはずっと見ていた。コロナを終わらせることは出来ないの?」「やっとワクチンが出来たから収まると思う」「窓の外は青空に白い雲が浮いている。お父さんとこういう話が出来て嬉しい。私の病気にはここにいるのがいいと分かっているが、お父さんに会いたい。声は分かるが顔を忘れた」「あんたと一緒に撮った写真が箱の中にある」「お父さんと私、Lと夫と子ども二人が写ってる」「Lの名前がスッと出たね」「そうだね。私の両親と姉妹の写真に私も写ってるが何の時か分からない。傘寿って書いてある」「あんたのお父さんの傘寿のお祝いだね」「いっぱい写真がある。お父さんと私が並んだ写真がある」「それが最近の写真だ。直ぐ見つからなくなるから、一番上に乗せておきな。時間になった。CD鳴らして」「・・・鳴った。どこへ返す?」「事務所」「・・・電話終わりました」210215c.jpg
(誰もいない桃山公園の広場、砂場や遊具の周りで何かを啄むムクドリたち。)