高台に着けば、雲の裾と沼を赤く染めた夜明け

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.10.3)
(アルツハイマー)

高台に着けば、雲の裾と沼を赤く染めた夜明け。201003.jpg

雨埋立地の杭から次ぎ次ぎ飛び立つサギの群、東我孫子の丘を越えて行くのはダイサギだろう、あとに残ったチュウサギらしきは対岸や水神山古墳を越えて行く。201003a.jpg

岡発戸の丘の上から日の出。沼を眺めていた散歩の人に「日の出は未だですか」と問われ「あと10分くらい」と答えたら、待ちきれず日の出直前に立ち去った。201003b.jpg


『自分専用の部屋って幸せ』 (2020.10.3)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「あれ、出ていない」「もしもし」「聞こえた。耳に当てるところを上に向けていた。一休みしようとしていたら電話が来た。ずっと家にいた?」「午前中は家にいた。この電話が終わったら病院に行く」「何処へ?」「JAとりで総合医療センターに検査結果を訊きに行く」「何の検査?」「先日、胃の入り口に見つかったポリープを胃カメラで検査した。心配することはないと思う」「私は、部屋のチェックに人が来るかもしれないから部屋の中を片付けている。こういう仕事は疲れる。私の不得意なことだもの」「今日は、あんたの夫は私だって分かる?」「分かってる。どうして?」「昼寝した後はよく忘れられるから」「アハハ。今日はまだ寝ていなかったから分かる」「昨日Aさんを知らないと言ったが分かる?」「分かってるよ。古くからの友だちだし、Aさんの家から坂を上ると私たちの家。話しの中で突然出てきたり、この人の話しだと図星でないと誰のことか思い出せなくなるだけ。疲れたときや眠いときは頭がごじゃごじゃでトンチンカンになるよ。みんなと一緒に色々やるけど、私みたいなものがやっても無駄になることばかりだよね」「無駄じゃない。何でも自分でやってみないと出来なくなるよ」「そうね。お父さん」「は~い」「こういう会話をすると嬉しい。疲れがとれる気がする」「いま一休みしようとベッドに座ってる」「寝転がっていないね」「大丈夫、寝転がっていない。寝転がったら直ぐ眠っちゃう。私みたいなのがやることは部屋の掃除くらい、何をやるかわからない人が何人もいるが、私がやるべきでないことにしゃしゃり出て、仕事を貰いには行かない。言われたことだけをやる。自分の部屋に自分の鏡台、ラジオ、ベッドがあって、押入には自分のものが入っている。自分専用の部屋って幸せだよ」「時間になった。CDを鳴らして」「・・・鳴った」「明日も電話するよ」「ありがとう、元気の素だよ」「電話機返して」「・・・電話終わりました」201003c.jpg
(白く輝くような蕎麦畑の脇、凜と立つケヤキの木)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント