桃山公園の高台に立てば埋立地の杭にサギの群

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.9.6)
(アルツハイマー)

桃山公園の高台に立てば埋立地の杭にサギの群。一羽二羽と飛び立って5分も経たぬ間にまばらに。200906.jpg

遠くの日の出に一瞬染まった雲。200906a.jpg

年に一度おしゃれをする高台のサルスベリの木、雨に濡れ鮮やかになった花。200906b.jpg

『みんなでお化粧をした』 (2020.9.6)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「今はお昼休み。みんなでお化粧をした。置いてある物を使ってお化粧したが、なんで自分の化粧品を使わせないのだろう。私が取った物ではうまくいかない。使ったことのない物だとうまく出来ない。使ったことのないものを使わせるのはおかしい」「去年あんたは化粧品をこっそり買って使い、かぶれて二度も皮膚科に行った。だから使ったことのない化粧品は使わないことにしていたね」「使いたくないと言ったが、これを使いなさいと指示された」「化粧品で何度かかぶれたことがあると言わないと分かってもらえないね」「やってみて、とてもいいねと言ってもらいたかったからみんなと一緒にやった。私はバカだね。部屋に戻って自分の化粧品でやり直している」と妻。化粧がうまくいかなくて空想の中での作り話を言っているのか、お化粧を楽しむ会があったのか分からない。化粧品で何度かかぶれたと申告するのを忘れていたことに気付いた。「あなた、今日は休み?」「ずっと休み」「なにやっている?」「食事を作ったり、掃除、洗濯をしたり、やることはあるよ」「明日私がやるから無理しないで」「ありがとう。でも伝染病が流行っているから外出は禁止だよ」「そうか。伝染病か。何で外に出るとダメ?」「人から人へ感染するし、誰が感染しているかも見ただけでは分からない。まだワクチンがないし、特効薬もない。高齢者が感染すると重症化するのでグループホーム寿にいる人に感染しないように外出や館内での面会を禁止にている。そうやってあんたも守られている」「そうか、ダメか。ネコの可愛い写真、何処のネコ?」「みるともも」「そうか、死んだよね。何処かに埋めに行った気がする」「茶室の前の庭石の脇に二匹とも埋めた。みるは私が埋めたが、ももは腰や肩が痛くて写真友だちのKさんに埋めてもらった」「長生したね。可愛がっていたから辛かった」「もう時間だ。CDを鳴らしてから電話機を返してきて。明日面会に行くよ」「・・・鳴った。・・・電話終わりました」200906c.jpg
(二つ目の花が咲いた庭のシュウメイギク。面会のお土産にと思ったが切るのはやめて写真を持って行くことにした。)