遠くの日の出に照らされどんどん膨らむ対岸の雲

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.9.3)
(アルツハイマー)

遠くの日の出に照らされどんどん膨らむ対岸の雲。200903.jpg

上空を旋回してヒメガマの群落の向こうへ下りたチュウサギ。200903a.jpg

ビオトープにたくさん集まっていたダイサギ、チュウサギ、コサギ。ゴイサギが一羽飛来して岸辺の繁みへ。200903b.jpg



『ここから退散しないの?』 (2020.9.3)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「泣けて来ちゃう」「どうしたの?」「ずっと待っていた」「何を?」「迎えが来るという電話」「迎えなんか来ないよ」「ここから退散しないの? ずっとここにいるっていうこと?」「そう。ここはグループホーム寿、介護施設だよ」「ここで私の面倒を見て貰うように伝えてあるの?」「あんたと二人で見学して申し込んだところ。ちゃんと契約してあんたの面倒を見てくれることになっている」「今の段階では早くここを出たい気持ち」「家に帰っても私は介護出来なくなった。だからここにあんたのお世話をお願いしている。ここを出ると同じような介護施設を探すことになる」「ここには期限があるの?」「特に定めていない」「重い病気になったら?」「その時は入院して治療して貰う。治ったらまたここへ戻ってくる」「何処の病院?」「ここは布佐平和台病院の系列の施設、訪問診療も平和台の先生が来てくれている」「そうか。行く末のことを考えていたが、ここにいたら病院ともつながっているから安心、今の状態でここにいるよ。あなたは何処の施設にいる?」「高野山の自宅にいる」「施設には入らないの?」「要介護の認定がないから入れない」「今いるところは私たちが作った家?」「そう」「見に行くことは出来る?」「出来るけど、今は伝染病が流行っていて外出できないからダメ」「伝染病が治まったら?」「外出して家に来て、子どもたちも呼んで一緒に過ごし、夕方になったらあんたはここに帰り、子どもたちは自分の家に帰る」「伝染病が治まる前は?」「日曜日に予約を取って、あんたは建物の窓の所、私は駐車場にいて面会できる。面会のない日は電話する」「子どもや妹も面会できる?」「八王子や横浜に住んでいるから、伝染病が治まるまでは来られない」「電話してくれて声を聞けるだけでも嬉しい。それで明日を迎えればいい」「元気でいればその内何とかなる。時間になった。歌を鳴らして、電話機を返してきて」「・・・鳴った。・・・電話終わりました」200903c.jpg
(まだ咲いていると自己主張しているしているようにコスモス一輪。)