朝日を浴びて輝く手賀大橋、暑くなりそうな空

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.8.3)
(アルツハイマー)

朝日を浴びて輝く手賀大橋、暑くなりそうな空。200803.jpg

ジャブジャブ池のたまり水にハクセキレイ親子。200803a.jpg

開き始めた二日目の藕糸蓮の花。200803b.jpg


『子どもたちはどうした?』 (2020.8.3)
昨日朝の面会予約時間少し前、グループホーム寿に着くとOさんが出てきて面会票記入、プリントしたフクロウの写真を妻に渡すように頼んだ。いつぞや妻と話して、まだ子育て中の頃に自宅前の林で毎夜フクロウが鳴いたことを思い出した。妻の残り少ない記憶を大事にしてやりたくて、Facebook友だちHisaaki Ugaさんから写真を頂いて持参した。面会場所に現れた妻の手にはフクロウの写真、「これ、どうしたの?」「昔、夜になるとフクロウが鳴いたのを憶えてる?」「・・・」「子どもたちが小さい頃椎茸山で毎晩鳴いていた」「林が無くなっていなくなったのが生きてたの?」「それとは別のフクロウだけど。僕は撮れなかったから頂いたの」と話すうちに昔のことを思い出したらしく、「子どもたちはどうしてる?」「元気だけど、伝染病が流行っているから会社には行かず家で仕事をしている」「そう、そういうことを聞くと涙が出ちゃう。私だけに面会が来ると他の人が羨ましく思って悪いから早くおしまいにしよう」「来たばかりだよ。元気そうになったね」「前は元気じゃ無かった?」「去年は膵炎で入院したり、目眩や吐き気や頭がガンガンして辛かった。ここに来て訪問診療の先生に診て貰ってから元気になったね」「そうか、ここはいいところだ。私の好きなのはあっち」と駐車場脇の小屋を指さす。「階段があって下りられる」「その向こうは子の神大黒天、そこから下りるとカスミや夢庵がある。もっと行くと手賀沼」「外出解禁になったら連れてってね」「伝染病が治まったら散歩に行こう。明日また電話するね」「来てくれてありがとう」と泣き顔になって、フクロウの写真を椅子の上に置いて手を振った。帰宅後、妻の友Aさんから電話。妻へ手紙を届けに行ったら職員さんは誰も出てこず、奧から妻が出てきてびっくりし距離をとって後退りすると、後から出てきた係の人に「私の友だち」と嬉しそうにAさんを紹介した。「ご主人面会に来た?」と訊ねたら私との面会はもう忘れた様子だったと。200803c.jpg
(笑顔だった妻に見送られて、振り返れば泣き顔だった妻。)200803d.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント