傘をちょっと上げ一枚撮ればレンズに雨滴

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.7.6)
(アルツハイマー)

傘をちょっと上げ一枚撮ればレンズに雨滴。沼から吹き付ける雨と風。200706.jpg

激しくなった雨の中で草を啄んでいたコブハクチョウ親子。一羽足りないと思えばずっと離れて父さんの傍に。200706a.jpg

雨と風を避け、斜面林の隙間から眺めたケヤキの木。200706b.jpg


『 あなたの奥さんは元気?』 (2020.7.6)
建物の南側窓の前に行くと、Sさんが身振り手振で西側の窓へ行けと指示。声がよく聞こえない。西側通路に行くとガラスの向こうに妻と付き添っていたSさんの姿。やはりガラス窓越しでは声が聞こえない。窓を少し開け金網越しにやっと会話できる。カッパを着て車から降りると満面笑みで手を振った妻。「しばらくぶりだね。嬉しいよ。どこから来た?」「高野山の自宅」「私は元気だから心配ないよ。あなたは?」「元気だよ」「子どもたちは?」「二人とも元気」「どこに住んでるの?」「八王子と横浜」「私のお母さんは?」「ずっと前に亡くなったよ」「あなたのお母さんは?」「私の母も亡くなっている」「あなたの奥さんは元気?」「私の奥さんはあんたじゃない」「そうだったか。誰かに会った時に私の主人ですって言えるかな。ずっと会わないからもう別な人と一緒にいるかなって思うじゃん」と言えばSさんも笑い出す。「来週の予約はもういっぱいです」とSさん、19日と26日の2時30分を予約して貰う。横で聞いていた妻、「私の頭はいっぱい詰まっていて動かない。もうじき80だから仕方ないか」「写真撮るからちょっとだけ網戸を開けて。AとLに送るから。・・・はい撮れた」と言うと網戸が閉まる。「雨だからこの辺で終わりましょう」とSさん。短い面会は終わり、まだ話したそうな妻。後で電話することにして、2時30分に妻に電話、「もしもし」「は~い」「どこにいる?」「高野山の自宅」「356の先、利根川の方の施設じゃないの?」「それはあんたが以前通っていたロイヤルと和楽園。私はあんたと一緒に建てた家にいる」「家に帰りたい。帰るとあなたの負担になるからちょっとだけでいい」「伝染病が治まったらね」「昼間行って、子どもたちが夕方自分の家に帰り、私も自分のベッドに戻るから」「今日は面会できてよかったね」「電話で話すのと会ったのでは一緒の人だとは思えない。会えてよかった」「歌を鳴らして、電話機を返してきて」「・・・鳴ったから返してくる。・・・終わりました」200706c.jpg
(網戸をちょっと開けても邪魔な窓枠の格子。「後ろへ下がって、ちょっと左に行って」と隙間を見付けて撮った127日ぶりの妻。元気になって、穏やかな表情に安堵。網戸を閉めた途端にリラックスしてか笑い出す)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

赤坂茂子
2020年07月06日 13:34
今日は、きっと公子さんのお顔が拝見できると、楽しみにしていました。穏やかなお顔で、髪の具合も丁度良く、安心いたしました。有難うございました。
もう少し頻繁にお会いできるようになるといいですが、常磐線沿線に広がって来る様相では、まだまだ楽観できませんね。私は、もう少しマメに葉書を出すようにします。ご主人様もお元気でお過ごしください。

話は変わりますが、例のハクチョウたちは、桃山公園下の湧き水の出るあたりへも出張しますか。さっき、車で通った時に、紫陽花の辺りに白鳥か白鳥のデコイか、いくつか見かけたのですが、よそ見すると危ないのでそのまま来てしまいました。
川上立子
2020年07月06日 16:51
面会出来ることが決まってからずっとずっと楽しみにしていた7月5日!!
いつも仲良く一緒に歌を唄ったり、お喋りをしたり(いつもさりげないジョーク入り)私が落ち込んだときにさり気なく元気を与えて下さったり~~。
そんな数々の思い出を下さった友!!~~~
やっとの思いでお合い出来ました。
其頃とちっとも変わっていないでお元気そう!!
優しいご主人様に守られてあなたは幸せ者よ!!
お元気そうなあなたに逢えて私も今日は幸せです。