斜面林の隙間に水生植物園のケヤキの木

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.6.25)
(アルツハイマー)

沼を望む高台の柵沿いに伸びた笹や葛の蔓、背伸びしても撮れない雨の沼。斜面林の隙間から水生植物園のケヤキの木。200625.jpg

桃山公園の広場に出ればご馳走を見付けたスズメ、邪魔しないようしばらく眺めて待つ。200625a.jpg

公園の小径から犬の散歩の人が近寄れば、一斉に傾斜地に移動したムクドリたち。200625b.jpg



『これは飲む薬?』 (2020.6.25)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「あなたは中国から帰っているよね」「ずっと家にいるよ」「だって、帰って来られなかったよ」「それは30年も前の天安門事件の時だ。20年前に会社を退職してからずっと高野山の家にいるよ」「じゃぁ何で私は家に行けないの?」「伝染病が流行っていてあんたのいる施設では面会も外出も禁止だから」「中国の伝染病に罹らないように?」「そう」「それで少し疑問が解けた。ここは施設なの?」「そう、グループホーム寿だよ」「ここはただで入れてくれてるの?」「有料だよ」「あなたは?」「自分たちの家だから無料」「私のお金は誰が払ってる?」「心配しなくても、私が払ってる。昨日置き忘れたオリーブオイルは見つかった?」「どんなの?」「高さ10センチ直径2センチくらいのウグイス色のビン」「鏡台の前にあるよ。これは飲む薬?」「薬じゃない、化粧品だよ。5~6日前に無くなったと言うから、私が買って届けたよ」「中国の病気の患部に塗るの?」「薬じゃない。お化粧の仕上げに、水分が逃げないように塗る化粧品でしょ。長い間ずっと使っていたよ。使い方が分からないなら女性の職員さんに教えて貰って」「それはいい考えだ。そうする。飲むんじゃなくて塗る薬ね」「薬じゃなくて化粧品だよ」「お化粧する時に思い出すかもしれないね。私がでたらめなことを言ってもあなたはちゃんと買ってくれた。私って困った人だねぇ。アハハ。きれいな花があるよ」「父の日にAがくれて、きれいだから昨日あんたにあげた」「水をやらないとダメだね。事務所の人に訊く。事務所の人は親切で、行くとニコニコしてくれる。何も怒らないし、愚痴らない。居心地のいいところだよ」「時間になった」「・・・CD点けた。・・・鳴ったから電話返してくる」「職員さんに代わってね」「・・・主人が代わってって」「もしもし」「5~6日前に無くなったオリーブオイルを補充したら、中国の伝染病の薬かと言い出したので心配。様子を見て説明してやって下さい」「分かりました」200625c.jpg
(梅雨に濡れきらめくしずく、悲しみを止めるキンシバイの花。)