時期がくれば花を咲かせる残った菖蒲

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.6.3)
(アルツハイマー)

水生植物園が手入れされなくなって、荒れ地になった菖蒲園跡。時期がくれば花を咲かせる残った菖蒲。200603.jpg

虫が湧いたのか田んぼからおびただしいムクドリの鳴き声。電線に一休みしに来るムクドリたち。200603a.jpg

曇天の空を見上げて囀るホオジロ、今朝もいつもと同じ木に。200603b.jpg


『昨日はプールへ行った』 (2020.6.3)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「しばらくぶり、あっ、毎日だったね」「そう」「昨日はプールへ行った」「水着を持っていないのに?」「ああそうか。今は惚けてる。眠ってはいなかったが寝ようとしていて、頭が混乱している。昨日は手賀沼コンテストのパンフレットを壁に貼った」「そうだったね。こっちでは今朝からダスキンの植木屋さんが剪定をしたり庭の草取りをしている。私が水やりをサボってニシキギとムクゲが枯れた」「私が行ってよければやってあげる」「今は外出できない」「そうだね。何でプールに行ったんだろう。訳がわからない。さっき、手賀沼が岩滑の前にあると思った」「手賀沼は我孫子だよ」「私、惚けた。小さい字は読む気がしない。伝染病が治まって外へ出たら私も回復すると思う。手賀沼コンテストの写真は頭にこびりついていている景色だが、今は行けない」「伝染病が治まったら一緒に行こうね」「兄弟で行くのはいいね」「私らは夫婦だよ」「そうか、あなたは私の夫だった。何でか手賀沼の写真コンクールのパンフレットが気になる。だからベッドにいても見えるところに貼ってある。その手前にラジオがある」「頭のリハビリになるから歌うといいよ」「どこへ行って歌えばいい?」「自分の部屋でCDラジオと一緒に歌えばいい」「ソニーのラジオはあなたのプレゼントだった。私はこれで終わりにしたくないから、伝染病がいつなくなるか窓の外の景色の変化を見ている。それでよくなると思う。伝染病でもじゃもじゃになった頭を整理したい」「さて、CDを鳴らしてから電話機を返してきて」「手が滑って何かを押した」「最初からやり直して」「やっぱりダメ」「電話機を返し、係の人に代わって。見てくれるようにお願いするから」「・・・主人が代わってって」「もしもし、代わりました」「済みません、CDをうまく鳴らせられないから見てやって下さい」「分かりました。見てきます」200603c.jpg
(何年か前妻と散歩した遊歩道、標識を見た妻が「ハコネウツギなの? 紅白だからゲンペイウツギって思っていた」と言ったのを思い出す。)