クローバーを食べに来ていたコブハクチョウ親子

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.6.30)
(アルツハイマー)

クローバーを食べに来ていたコブハクチョウ親子。200630.jpg

待っても鳴かなかったキジの雄、近くに雌がいたからか。200630a.jpg

三脚を立てていた友、振り返れば思いがけない雲間の日の出。200630b.jpg



『本当のことを教えて』 (2020.6.30)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「昼寝しようとしていたら電話を持って来てくれた。今日は忙しかった」「何が忙しかった?」「何だろう、次々と何かやった。高野山の家はまだあるの?」「あんたがグループホーム寿に行った時のまま。私が一人で住んでる」「いいなあ、行きたいよ。家のことは頭の中にある」「37年も一緒に住んだ家だものね」「なぜ私は家にいられないの? 何も出来なくなったから? 本当のことを教えて」「去年はあんたの体調が悪くなって何も出来なくなった。私も年をとって十分な面倒を見られなくなった。あんたも施設に入りたいと言って、ケアマネージャのMさんが探してくれたところを二人で見学し、グループホーム寿に申し込んだ」「申し込んだのは憶えている。私はどこが悪かったの?」「目眩や吐き気に何度も悩まされ、膵炎になって二度も入院した」「原因は何なの?」「よく分からないが、JAとりで総合医療センターの救急外来で脳神経内科の先生は、体質が変わって背中に貼っていた薬の副作用かもしれないと言っていた。依田内科でも同じことを疑い一時その薬を中断し、薬の量を減らすなど試そうとした矢先、膵炎が再発して今年正月に入院した。退院して直ぐグループホーム寿に入居した。平和台病院の訪問診療の先生が診てくれ、背中に貼る薬は中止して、まず目眩や吐き気と膵炎の治療をしてくれている。それ以来、目眩や吐き気、膵炎は起きていない」「なんで忘れる病気になった?」「アルツハイマーのこと?」「そう」「本当のことは分からない。あんたのお母さん、S姉さんも同じ病気になったから、なりやすい体質かもしれないね」「S姉さんは死んだ?」「亡くなったのはご主人、S姉さんは施設に入っている」「そうか。私はここにいて全部やって貰えるから、ここにいるのがいいのだね」「時間になった」「・・・歌を鳴らしたよ。私の好きな歌だ」「電話機を返してきてから歌ってね」「・・・ごめんください。電話終わりました」 電話での会話はいつもと同じようなことの繰り返し。200630c.jpg
(コスモスの蕾へ待ちかねたようにトンボ。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント