雲の隙間を染めて薄雲の向こうに瞬時の日の出

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.5.31)
(アルツハイマー)

雲の隙間を染めて薄雲の向こうに瞬時の日の出。200531.jpg

昨日食べた一本東の小径、伸びてきたクローバーを啄む親子。日増しに大きくなる畑のコスモス。200531a.jpg

ビオトープで一番のっぽな木の天辺、スズメが飛んできて囀りを止めたホオジロ。200531b.jpg


『えっ、私が。アハハ』 (2020.5.31)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「は~い」「お昼食べて一区切り着いて、ここから出て行くことを考えていた」「出て行くって、今は外出禁止だよ」「中国の病気か。ここへ閉じ込められて、経費はどうするの?」「ちゃんと払っているよ」「引き続き家賃を払ってずっとここにいるのね。あなたは一人?」「高野山の家にいるよ」「実家から奥さんを連れてこないの?」「あんたが奥さんだよ」「えっ、私が。アハハ、そうか。この間あんたの奥さんは誰か考えたが分からなかった。私は誰と結婚したかも分からなかった」「私を何だと思っていた?」「お兄さんの感覚だった。何で私はあなたと結婚した?」「S先生に自宅に来いと呼び出されてあんたに会った。S先生に、二年後輩だから釣り合う、結婚しろと言われた。浜岡で結婚式をして、武蔵小山に住んだ。あんたは大井町の立会小学校に勤めた。等々力に引っ越し、Aが生まれて尾山台のなおみ保育園に預けた。横浜の公団住宅が当たって横浜に引っ越し、Aの預け場所に困ってまたなおみ保育園に預けて、あんたは横浜から尾山台経由で大井町に通った」「大変だった記憶はある」「いろいろあって退職し、横浜ではPTAの役員をやった。Lが生まれ小学生になった後、頼まれて産休の教員も数校でやった。私の勤務が我孫子になって、家を建て我孫子に住んだ。あんたはラブホテル建設反対運動、さんきゅう会のボランティア活動、近隣センターこもれびの設立や運営にほとんど毎日外出していた。その間、茶道、コーラス、読書会もやって忙しかった」「私が?」「5年前物忘れが増えて、活動から身を引いた。3年前からデイサービスに通い、2年前から目眩や吐き気、膵炎で苦しみ、あんたに施設を探してと言われた。ケアマネージャのMさんが探してくれ、グループホーム寿を見学して申し込んだ。空きが出来て今年1月に入居した」「やっと私のことが分かった。忘れるからまた話してね」「歌を掛けて、電話機を返す時間だ」「・・・CD鳴らしてきたよ。電話機返してくるね 」200531c.jpg
(今年も咲いた庭のアジサイ、十数年前の母の日に次女がくれた母の日の贈り物。小さな鉢植えを路地に移植したら今では大きな株)