遊歩道脇に咲いたハナミズキ

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.4.29)
(アルツハイマー)

滝下広場の遊歩道脇に咲いたハナミズキ。200429.jpg

カメラを向けた瞬間気付かれて、飛び立って逃げてしまったアオサギ。200429a.jpg

遊歩道を見下ろして鳴くホオジロ、おでこに点けた糸くずが気になる。200429b.jpg


『誰かに騙されている気がして心細い』 (2020.4.29)
昨日午後、電話機を渡された妻、「もしもし」「はいはい」「家にいるんでしょ、元気?」「元気だよ」「誰かに騙されている気がして心細い。私の身の回りに取り付いている感じ」「何が取り付いている?」「分からない。気持ちが悪いよ」「いつから?」「夜中から」「もしかしたら天気が変わるからかもしれないね」「それでこういう気持ちになるのかな。私を半端にする人がいるような気がする」「あんたは天気が下り坂になるとき、淋しくなったり、辛くなったり、泣きたくなるみたいだね。天気が回復すれば治るさ」「天気で私の頭が不安に思うようになるのはなぜだろう。道は分かっているから、ここを抜け出して家に行ったらどんな罰を受ける?」「伝染病に感染して肺炎になって苦しむことかな。他の人を感染させる罪を犯すことにもなる。だからそこでは面会も外出も止めている。国中の人が外出を控えて家にいるよ。不安な気持ちになるのは天気のせいだけじゃなくてみんな同じだと思う」「あなたの居る家に行きたいけど、いまは行くことができない。あなたは一人で家にいて、食料の買い物も困るだろうとずっと考えていた」「夕食は宅配弁当、朝のパンだけはセブンイレブンにマスクを掛けて行くけど、もうスーパーに行っていない。パルシステムに加入したし、アマゾンなどの通販も使っている。外出しなくても生活には困らないよ」「ここに縛られていたくないけど、ここは私の保護地区? 会いたくて泣けてくるよ」「そこにいたら専門家の職員さんがいるから家にいるよりずっと安全。辛いだろうが我慢してね」「分かったけど分かりたくない。伝染病だからいつ治まるか分からない。私は何をしていたらいいの?」「歌を歌おうか。ラジオの電源を入れて」「ちょっと待って、入れたよ」「CDボタンを押して」「押したら字が変わった」「矢印を押して」「鳴った」「じゃあ電話機を返してきてから歌ってね」「やり方を絵に描いて」「分かった。書くよ」「電話ありがとう。電話返してくるね」200429c.jpg
(私が来るのに合わせて出てきてくれたように、昨日と同じ場所からコガモのペア。)