桃山公園の高台に立てば雨に煙る沼

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.4.18)
(アルツハイマー)

桃山公園の高台に立てば雨に煙る沼。左手の傘を風に取られまいとすれば、右手のカメラまで揺れて邪魔する風。200418.jpg

雨に濡れ、風に波打つ菜の花畑。誰も通らない遊歩道。200418a.jpg

まだ公園になる前の松林だった頃、18年前には私の背ほどもなかったマユミの木、今は見上げるほどの大きな木。200418b.jpg


『変な魔法を掛けられているみたいだ』 (2020.4.18)
昨日午後の妻との電話、「もしもし」「はーい」「今、昼休み。部屋に戻って午後の仕度をしていた。鏡台の前には昨日作った切り紙細工が飾ってある。可愛いよ。夜に読んだ本もある。日野原重明の『生き方上手』って表紙。どこから来た本か分からない。鏡台の前にいると落ち着くから椅子に座っている。午後に何をするかは分からない。どこの事業所に行くかまだ言われていない。去年は手賀沼を西に向かって離れたところへ行った」「去年は家からロイヤルのデイケアに通っていて、そこにはまだ入っていなかったよ」「じゃあ、去年はどうしていたの?」「ロイヤルに通ったり和楽園のショートステイに行っていた。8月末と今年の正月は膵炎になって入院もしたよ」「憶えていないけど、膵炎になったってノートに書いてあった。昨日のことだってちょっとしか憶えていない。市役所から家の方へ坂を上がって中学の前の356に出た。後は記憶がない」「今は伝染病が流行っていて外に出られないよ」「全国的になったね。新聞で読んだ。今は変な魔法を掛けられているみたいだ。ドアを開け、見えているところは分かるけど、見えていない廊下の左右には何があるか分からない。トイレだけはどこにあるか分かる。催眠術を掛けられているみたい。どうやって私の頭の中を迷わせているの?」「私にも分からない」「体育館に集まれと言われたら体育館にいる」「何かを考えるとそういう風にできちゃうの?」「窓の外を見ると駐車場がある。その先に行こうと思うと広い道がある。自動車の店があって、下って行くと市役所、手賀沼の脇を通って、坂を登ると家がある。今は外に出ないで家にいなさいって言っているのに、ほんとに訳がわからない。こういう世界もあるのだなと思って窓の外を見ている。あなたとの会話は普通にできるのになんでだろう?」「天気が下り坂で気圧の変化が大きいから、空想と実際のことがごちゃごちゃになったんだ。その内に治るよ。長くなったからまた明日電話するね」「待っている。どこへも行かないからね。バイバイ」200418c.jpg
(庭にムベの花が咲いた。私が植えたムベは蔓が伸びるからと目の敵にしたが、花が咲いたときだけは可愛いねと眺めていた妻。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント