年々長くなってきた走る人の列

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.3.20)
(アルツハイマー)

年々入れ替わる走る人、毎年変わらぬ練習風景。年々長くなってきた走る人の列。200320.jpg

雲間からの陽光に、スポットライトを浴びたように輝く柏の街。200320a.jpg

スズメが集うクロネコヤマトの裏庭の木、遊歩道から飛んできてスズメを追い払ったヒヨドリ。200320b.jpg



『元気なのになんで外へ出てはダメ?』 (2020.3.20)
妻に電話した昨日午後、「もしもし、お珍しい」「えっ、どうして?」「だって話しをするの久しぶりじゃない」「昨日も電話で話したよ」「忘れることばかり多くてバカになっちゃった。逃げ出したら直ぐ帰られる距離のところなのに会えないよ。脱走して帰ろうかな」「ダメダメ、高齢者は新型ウイルスに感染すると大変だから外へ出ちゃダメなの」「私は元気なのになんで外へ出てはダメ?」「外へ出ると伝染病が移るから」「何もやることがなくて牢屋に入れられてるみたいじゃない。いま、ベッドに腰掛けて電話してる。私の部屋は東向きで、駐車場の向こうの家には太陽が当たってる。こっちは日陰だからしゃくに障る」「その家、結婚式にも来てくれた同期入社のYさんの家だよ」「ああそうか、その先に行くと広い道に出て、市役所の先を曲がると手賀沼沿いの知ってる道、坂を登ったら家じゃないの。帰りたいなってずっと考えている。私はすっかり元気になった。元気になってもここにいていいの?」「いいよ。元気に暮らしてもらうためにそこに入ったのだから。病院じゃないから退院はないの」「あんたは元気?」「元気だよ」「私はご飯を作ってもらってるけど、あんたは?」「自分で用意しているよ」「私が帰ってやってやろうか?」「自分でできるよ。あんたは元気に暮らせるようにそこに入ったんだ。そこで訪問診療の先生がくれた薬で目眩や吐き気、頭痛も治っただろう」「治ったね。もう頭が気持ち悪くならないし、つらくない」「そこに入ってよかったじゃない。今朝滝下広場を通ったら桜が大分咲いていた。桜が咲く頃は外出して手賀沼を見たり桜を見に行こうって話していたが、まだ面会や外出は解禁されないから今年はダメだね」「行きたかったのにしゃくに障るなぁ、伝染病の奴め」「テレビでオリンピックを予定通りやるか、延期するか、止めるかって大騒ぎしてる」「そうみたいだね。オリンピックはどうでもいいが、長生きして、元気で外へ出られる日を待つしかないか。あんたも元気でいてね」「歌でも歌って元気にしててね」「電話くれてありがとう」
話しがあちこちに飛んだが、詰まるところはまた家に帰りたいって話し。声は元気そうだった。200320c.jpg