木立の向こうに広がる夜明けの沼

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.2.18)
(アルツハイマー)

沼を見下ろす桃山公園の高台への小径、突然木立の向こうに広がる夜明けの沼。200218.jpg

滝前の信号が変わるたび、5~6台の車が連なって西へ向かう高台の下の道。200218a.jpg

地平線の雲を赤く染め、岡発戸の丘の上の登った日の出。200218b.jpg


『2月に入ってから回復の兆し』 (2020.2.18)
おやつの前はハーモニカのボランティアが来る日だから、おやつが終わった頃に面会に行った昨日午後。妻たちはおやつのテーブルを囲み赤とんぼの歌を歌っていたので部屋で待っていた。ドアをちょっとだけ開けて覗き「誰でしょう、誰か来てるぞ」とちょっとふざけていた妻。歌を歌ってきたからか明るい表情。
ベッドに腰掛け、「私、入院したでしょ。何があったか思い出せない」とまじめな顔になって言った。「去年8月末、膵炎になって救急車で我孫子東邦病院に搬送されて16日間入院した」「窓から市役所の前の道やホンダの店を見たような気がする」「12月中頃、めまいと吐き気がひどく救急車でJAとりで総合医療センターに行って便秘だと診断されたが、また翌々日同じようになってタクシーで行ったら、体質が変わってリバスタッチパッチが効き過ぎたと言われて一時貼るのを中止してから、薬が半分のものを再開した。正月に子どもたちが来て嬉しくて食べ過ぎ、膵炎を再発してJAとりでに入院し9日に退院した」と、ゆっくり間合いを取りながら説明したら幾つかの光景を思い出した。「ここへ入ったのはそのため?どうしてここに入ることになったの?」「ケアマネージャだったMさんに紹介されてAと一緒にヴィスタリオを見に行ったら、なかなか空きができないから同じ系列のグループホーム寿も見てはどうかと言われて見に来た。別の日に私があんたを連れて見に来たら、あんたも気に入って申込書を自分で書いた」「そのことはうっすら憶えてる。いつここに入れることになったの?」「12月始めにここに空きができたと連絡があり、あんたと娘たちとも相談して入れてもらうことにした。正月に娘たちが来て仕度をしてくれ、1月12日に入居することにしたが、3日から膵炎の再発で入院し、9日に退院できて12日にここに入居した」「みんなに心配掛けたんだねぇ」と言いながら断片的に幾つものことを思い出した。ここに入ってリバスタッチパッチを休止してめまいの薬を処方してもらったからか、ゆっくりと一区切りごとに間を取って話したらずいぶんいろいろのことを思い出せた。2月に入ってから回復の兆しが見えてきた気がする。
預けてあった爪切りを持って来てくれたSさんも、入所時よりずいぶん回復したように見えると。手の爪は自分で切ったが、足の爪はうまく切れず、あとでSさんが見てくれると言ってくれた。何曲かCDラジオで日本の歌を再生して歌わせてから帰宅した。200218c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント