高台に立てば曇天の空の色をを映した沼

撮影ノート『手賀沼有情』 (2020.1.27)
(アルツハイマー)

昨夜寝る前のMapionの天気予報は晴れだったのに、目覚めて予報を見たら曇。桃山公園の高台に立てば曇天の空を映した沼。200127.jpg

いつまでも暗い沼に、カルガモたちが岸から出てきたのもいつもより遅かった。200127a.jpg


『私はいつまでここにいるの?』 (2020.1.27)
まだおやつの後の雑談中だった昨日午後、面会票を書いていると妻の声が聞こえた。係の人に面会票を渡したら妻は私に気付いたがおしゃべり中、先に部屋に入って待っていると間もなく戻って来た妻。「話の途中で戻っていいの?」「いいの、おやつは食べ終わったし、あの人たちに会話はないの」「あんたの声は聞こえていたよ」「・・・もう憶えていない。ここではコミュニケーションはないの」と、どうやら妻のコミュニケーションとは自分のしゃべっていることを聞いてくれる人がいるってことらしい。私と話すときも7~8割は妻がしゃべり、私の言うことはほとんど聞いていなくて素通りだ。妻のおしゃべりを遮らず、「うん、うん」と頷いていれば「楽しかった」と言う。そんな妻になったことに気付いたのは一年前くらい前からだったろう。
ふと気付いたようにカレンダーを手にとって「今日は26日?、何時に来た?、ここから書いてないから26日だね」と言って私が来たことをカレンダーに書き込んだ。ノートに妻がしゃべったことを書き留め、妻へのメッセージに『手を洗うこと、うがいをすること、水を飲むこと。新型ウイルスの流行で中国は大変』と書いたのを見て、「中国のこと、テレビで見たよ」と妻。ここに来てからテレビは見ていないと言っていたが見ていたことが判明。
「私はいつまでここにいるの?」とまた三日ほど前と同じ質問。「ずっとだよ」「私が申し込んだところに行かなくっちゃ」「それがここだよ」「ここはどこ?」「平和台病院系列のグループホーム寿」「その前にはどこにいた?」「自宅」「そうじゃないよ、退院しないと私の申し込んであるところに行けなくなっちゃうでしょ」と言われてやっと分かったような気がした。まだ膵炎で入院していたときの延長線上にいて、早く退院しなければ申し込んであったグループホーム寿に入れなくなると気にしているらしい。説明したときは、昨年見学に来た場所と同じだと納得しても、入居したときの記憶が欠落しているから何度も同じ心配をするらしい。ノートに書き加えた。『ここはグループホーム寿、ここなら安心できると言って申し込んであったところです。自宅の直ぐ近くです』と。200127b.jpg200127c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント