オレンジ色に染まった東の空と沼

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.12.8)
(アルツハイマー)

未だ暗い桃山公園の高台に立って数分も経ったろうか、オレンジ色に染まった東の空と沼。191208.jpg

岸近くを泳いで行った三羽のコブハクチョウの子、岡発戸新田の釣堀近くに来ていた親子5羽に合流。191208a.jpg

やがて輝きだした地平線の雲の縁、雲から登れば眩しい日の出。191208b.jpg


『私はいつからここに来たの?』 (2019.12.8)
昨日朝、撮影から戻って妻の様子を見に行くと、ベッドに腰掛けテレビを見ていたが雪景色が映し出されると、「おお、寒い。雪が降ってる」と言って布団に潜り込んだ。「今日は月曜日?」「土曜日だよ」「火木土の土曜日か、Rに行く日だよね」「そうだよ」「じゃぁ、起きなきゃ」と言ってやっと布団から出た。
朝食を食べながら「私はいつからここに来たの?」「ここってこの家のこと?」「そう」「もう38年くらい前、横浜から引っ越してきたよ」「そんなに前じゃない、最近来たよ」「それじゃ、入院したりWにお泊まりに行ったときのこと?」「えっ、入院してたの?」「8月29日に救急車でT病院に運ばれて、9月13日まで入院してたよ」「全然憶えてない。WはRの近くで1号室に泊まってたけど、どのくらい泊まってたたの?」「10月に5泊6日、11月にも5泊6日」「また泊まりに行くの?」「12月も16日から5泊6日、1月になったらグループホームKに行くことになってる」「Kってどこだった?」「消防署の先、一緒に見学に行って、いいところだから入居の申し込んできたよね。空きが出たから入れてくれることになったの」「分かった、ずっと泊まるところね」「そう、そこに入ったら、ここから近いから、私が散歩の途中に寄って会うことも出来るし、外出して一緒に食事に行くことだって出来るよ」「私は大丈夫だけど、あんたが一人になったらここに住むんでしょ。ちゃんと掃除して、洗濯もやって、ご飯もちゃんと食べなきゃダメよ」と、この話になると毎回一人で暮らすことになる私のことを心配してくれる妻。
「もう8時20分だよ、9時には迎えに来るから仕度しなくちゃ」と言うと着替えとお化粧をしに二階へ上がっていった。Rとの間の通い袋に昼食後に飲む薬を入れ、玄関の鍵と一緒にテーブルの上に置く。テレビを見ていたら睡魔に襲われ居眠り、遠くで鳴る電話呼び出し音に応答しようとしたら妻が二階で先に応答。「10分後に来るって」と言って降りてきた妻の手荷物をチェックして、鍵と通い袋を手渡す。元気よく迎車に乗り込み、発車したら手を振っていた。4時30分頃戻ってくるまでの間が、自分のことと家の中の雑用。妻が心配する一人で生活する最低限の術はこの時間の中で一通り出来るようになったと思うが甘いかな。191208c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント