霧が出てうっすらと見える対岸

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.12.2)
(アルツハイマー)

曇天だからいつもより遅く桃山公園の高台に行く。霧が出てうっすらと見える対岸。コントラストの少ない沼風景はピントが合いにくい。191202.jpg

霧は更に濃くなって、ネコの木の上の雲間が赤くなり、またすぐに消えた。191202a.jpg

帰ろうとすると、霧の中から沼を渡って飛んできたカワウ。利根川に向かうのだろうか。191202b.jpg


『ふざけてもう一つ眼鏡を掛けて顔を上げた』 (2019.12.2)
昨日早朝、妻の様子を見に行ったら前日の新聞を見ながら、「よく眠れたから頭がすっきりしている」と言った。「今どこにいるの?」とからかうと「我孫子の自宅。ちゃんと分かってるでしょう。今朝はどこにも行っていないよ」と言って、ふざけてもう一つ眼鏡を掛けて顔を上げた。
朝食の支度を始めたら、「また眠っちゃった」と言いながら台所に来て、「あとは私がやる」と割り込んできたので後ろに下がって見ていた。サラダを盛りつける器が小さすぎると食器棚に行って持ち帰ったのはもっと小さな器だった。入れるものの量を見てから食器を選ぶまでに、入れるものの量を忘れてしまうのだろうか。冷蔵庫から食品を取り出すときも、食べる量にふさわしくないほどいろんなものを運び出して並べる。「そんなに食べられないでしょう」と言ったら、「分からない。考えてから支度することなんかできなくなった」と言い訳。言い訳じゃなくて今の妻は本当にそうだろうなと思った。食事が終わるとテレビの前に座り込み、今日は洗濯と掃除をすると言っていたことは忘れてしまったようだ。
昼食の近くになったら、パソコン作業中の私のところに冷凍のスパゲティも持って「お昼、これでいい?」と聞きに来た。一昨日の昼食と同じものなので、「友だちにもらったばかりの餅があるからそれにしようか」と言ったら一旦戻り、「さっき何を食べると言われたか忘れちゃった。これだった?」と言って冷凍のチャーハンを持って来た。一緒に台所に降り、単身赴任時代に憶えたメニュー、どんぶりに餅と薄めためんつゆを入れ電子レンジで加熱し、若干の具を入れる方法を説明しながらやってもらった。「ガスコンロがあればもっと楽なのに、今度ガス会社に直してもらってね」と言った妻、何度か危ないことがあって点火用の電池を抜いて、妻には故障したと言ってあった。うすうす私の嘘を見抜いていたのか、「一緒にいるときだけ使うようにしたら危なくないよね」と呟いた。
宅配便が届き、直後に宅配弁当が届き受け取った請求書を私のところに持って来て、戻ると回覧を見ていた。気がつくと私の妹から来た冷凍食品のお歳暮を開けたまま放置して回覧を読んでいた。早く気がついたので冷凍食品が解凍されてしまうことはなかった。
9月の入院以来認知症が一気に進んで、やって欲しいことは忘れ、やって欲しくないことは繰り返してやる。私が後始末を始めると、「忘れることが増えて、できなくなったことばかり。頭が馬鹿になっちゃったのが悲しい」と涙ぐむ。自分でも急速に進む認知機能低下を自覚して、悲しみ苦しんでいるようだ。191202c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント