遠く東に広がり始めた薄雲の空

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.11.3)
(アルツハイマー)

上空の黒い雲が流れて、遠く東に広がり始めた薄雲の空。もしかして朝焼けになるかと期待。191103.jpg

日の出が近くなるとピンクに染まり始めた遠くの雲。じわーっと染まりスーッと色褪せた瞬時の朝焼け。191103a.jpg

やがて岡発戸の丘の上に雲間から抜け出した太陽。カメラにも目にも眩しすぎた日の出。191103b.jpg



『妻に代わって係の人が「行ってきます」』 (2019.11.3)
昨日早朝、撮影に出掛ける前に妻の様子を覗くと、「水は全部飲んだよ」と言うとおり水差しは空だった。「今日は土曜日、Rセンターに行く日だよ」と言うと「分かってる」と返事。撮影から戻ると、ベッドに横になったままテレビを見ていて二度寝していた妻。物音に目が覚めたから、「今日はRへ行く日だよ」と言えば、「R?、Rってどこ?」「NECの横を通って利根川の・・・」まで言ったら、「分かった。頭の中の地図とつながった。今日はRへ行くよ」と、水をよく飲んでくれたからか物わかりがいい。
いつもより10分も早くRからの迎えの予告電話、妻の支度の状況を見に行けば夏のズボンをはいている。「今朝は寒いよ、そのズボンで大丈夫?」「大丈夫、暖かいじゃないの」「暖房が入っているからだよ、外は寒かったよ」言ったら、「今は何月?」「11月になったよ。早くはきかえて、迎えの車が来るよ」と裏地の付いたズボンを差し出す。玄関前に迎車が到着し2~3分待ってもらう間に、迎えに来てくれた方に玄関の鍵と昼の薬やデイケア連絡帳を入れた通い袋を渡す。慌てて階段を降りてきた妻が、「鍵と薬は?」と言ったら係の人が「ここに持ってます」と妻に見せた。荷物を係の方に持ってもらい慌てて車に近寄る妻。「行ってらっしゃい」と言っても振り向いたり手を振ることもなく車に乗り込み、妻に代わって係の人が「行ってきます」と言ってドアを閉めた。水をきちっと飲んだからか、妄想の世界に入り込むこともなく、物わかりのいい妻になってデイサービスに出掛けた。本のタイトルの効果抜群?191103c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント