子どもが一羽足りない

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.10.8)
(アルツハイマー)

ビッグ親子が待つ水門前に着いたら未だ暗く小雨。お兄さんは既に着いていたが、明るくなるまで車で待って、親子の記録写真を撮ってからお兄さんが餌を与える。子どもが一羽足りない。親が追い出したのか、子どもから出て行ったのか。小雨の中、ラッキー親子、バロン夫婦の無事な姿も撮って早々に帰路へ。191008.jpg

曙調整水門に行ったら、雨の中朽ちた杭に止まっていたゴイサギ三羽。レンズを向けて数枚撮ったら飛び立った。191008a.jpg

ヒメガマの群落から数羽ずつ飛び立つサギ、思い思いの方向に飛び去る。191008b.jpg


『やっぱり水が足りなかったようだ』(2019.10.8)
昨日朝、撮影に出掛ける直前に妻がどれほど水を飲んだかチェック。「水を飲んだ?」と言えば、「飲んだ」と返事、だが前夜の食後に薬を飲むのにコップ一杯飲んでから用意した水は全く減っていなかった。とりあえずコップ一杯水を飲ませてから手賀沼撮影に出発。
帰宅して朝食、ぼんやりとジャムを塗ったパンだけを食べサラダやスープには手を着けようとしない。「他のものも食べて」と言うとサラダに箸を付けた。やっぱり水が足りなかったようだ。「今日は何処かに行くの?」と妻。「どこにも行かないけど、Wへショートステイに行く支度をする」「明日W行くの?」「明日は取手の病院に検査に行く。Wへ行くのはその次の日。でも、明日は忙しいから今日Wへお泊まりに行く支度をしておきたい」「明日はどこに行くの?」「取手の病院」「誰が診て貰うの?」「あんた。お腹が痛くて入院したときの原因を調べて貰うの」「入院した?」「16日間も入院したよ、救急車に乗って行ったでしょ」「知らないけど、まあいい。それで明日はどこに行くの?」「取手の病院」「明後日は?」「Wへ3泊4日のお泊まりに行く」「どうして?」「私が検査入院する間Wに泊まってきてね」「Wはどこにあった?」と。延々と自宅からRセンターまでの道を説明し、「Rから田んぼ道を山の方に行ったところがW」と言ったら、「Wならもう慣れたからいいよ」とやっと納得。自宅からR迄の道を説明し、RからWへの道を説明しないとWの記憶につながらない。
Wへのショートステイの支度を始めたら、申込書を自分で書くと言い出してまた混乱。Wへのショートステイでいつも面倒を見て下さるTさんに電話で相談。薬、薬手帳、保険証などを私が用意しておけば、あとは当日迎えに来たときTさんが手伝ってくださることになり、ほっと一息ついた私。191008c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント