天気予報は晴れなのに上空を覆う雲

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.10.31)
(アルツハイマー)

天気予報は晴れなのに上空を覆う雲。ちょっとだけ東の地平線が明るくなってきた。191031.jpg

岡発戸の丘の上、雲間に瞬時の日の出。すぐにまた雲に隠れて沼はグレイ一色。191031a.jpg

看板の先で潜水を繰り返すカンムリカイツブリを見ていたら、「中央学院大学の練習だ」と散歩の人。関東地区の選考会を突破して11月3日の全日本大学駅伝に出場するのだと。頑張れ中央学院大学。191031b.jpg



『自分がどこにいるのか分からなくなった』 (2019.10.31)
昨日午前中、「Rセンターに行くのはもうやめる」と言ってきた妻。「どうして?」と問えば「大勢の人がいるところには行きたくないし、委員や役員や当番はもう出来なくなったから」と言う。一人にしておいたらまた妄想の世界に入り込んでいた。十数年前に介護保険が適用されない高齢者を支援していた『さんきゅう会』や近隣センターを立ち上げた頃の古いボランティア活動を思い出したようだ。Rセンターに行くのは支援活動をしに行くのだと思い込んでいる。今迄も何度か同じ妄想で同じようなことを言ったことがあった。私が慌てふためくとかたくなになってますます妄想から抜け出せなくなるので、ケアマネージャが作ってくれた居宅サービス計画書などと妻の予定表を前に置き、「仕事をしに行くのじゃないの、あんたのリハビリをしに行くの。自分でも体操教室って言ってるでしょ。さんきゅう会や近隣センターにはずっと前から行っていないから心配ないよ」「そうか、体操教室か、それなら好きだ」と言って、段々現実の世界に戻ってきたようだった。「ここは我孫子だよね。NECの横を通って利根川の土手をシューッと行くとR、そこから山の方に行くとW園。やっとRが分かったよ」と言った。頭の中の地図に結びつけないとRやWの記憶にたどり着けないようだ。
昼食の用意が出来ても、予定表やカレンダー、居宅サービス計画書を前に一つずつ指で押しながら何かを確認している妻。「いま、自分がどこにいるのか分からなくなった。今日は何日? 何曜日?」「今日は30日、水曜日だよ」「今日はRに行く日だった?」「違う、Rに行くのは火木土だから昨日行ったし、明日も行くの」「昨日行った? 憶えてない」とやりとりしていて気がついた。カレンダーの同じ場所だけ何度も指で押していた。「それ、11月30日でしょ。10月30日は一番上の水曜日」と言うと、今朝の朝刊を持って来て「10月30日、水曜日だった」と言った。
8月末から9月に16日間入院して以来、急に思い出せないことが増えて来た。妄想の世界に入り込むことも多くなった。特に二度寝をして目が覚めたとき、自分がどこにいるか空間軸時間軸ともに記憶の起点が分からなくなって妄想の世界をさまよう妻。191031c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント