なぜか向こうを見ているように見えるネコの木

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.10.25)
(アルツハイマー)

暗い雨の朝、中々明るくならない沼風景。ネコの木の向こうに曙調整水門の水銀灯だけが雨の中に浮かぶ。なぜか向こうを見ているように見えるネコの木。191025.jpg

「飛び立つぞ」と横で雨の沼を見ていたMさんの声、気がついたらコブハクチョウ親子が飛び立つところ。191025a.jpg

明るくなるにつれ強く降り出した雨。見る見る雨に煙って消え始めた対岸。「こんな日は写真が撮れなくたって見ているだけでいいな」と手賀沼歴50年のMさん。191025b.jpg



『読んでいるときは何が書いてあるか分かるよ』 (2019.10.25)
デイサービスから帰ってきたら、ソファーに座って夕刊を読み始めた妻。読むと言うより文字を追っていると言った方が当たっているかもしれない。文字を追っている間は声を掛けても反応しにくい。「アイスキャンディーを買ってきたよ、食べるかい」と声を掛けたらこっちを向いて笑顔、「食べる」と手を出し一口かじった。
アルツハイマーを発症する以前から読書の量は多い方だったろうと思う。デイサービスに通うようになってからも本を持ち歩いていたが、途中まで読んで中断すると読んだことを忘れて、また最初から読み始めるようだった。ここ一年ほど、外出するときはいつも同じ本を持ち歩いているが読んでいる姿を見なくなった。
最近は新聞の文字を追うことに没頭するのが多くなった。「何が書いてあった?」と意地悪な質問をしたら、「忘れた」と言ってから、「でもね、読んでいるときは何が書いてあるか分かるよ。世の中、こうなっているんだって理解できてるよ。それに、字は忘れてないよ、ちゃんと読める」と言った。新聞の一面を食い入るように読んでいる妻は、もしかして文字を忘れていないことを確認しているのかと思うこともある。
アイスキャンディを一口食べて、新聞とにらめっこしていた妻に、「アイスキャンディが溶けちゃうよ」と声を掛けたら、また一口かじっておどけた仕草をして見せた。191025c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント