瞬時にしてグレーの大きな雲を染めた朝焼けに

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.9.28)
(アルツハイマー)

地平線近くの朝焼けが、瞬時にしてグレーの大きな雲を染めた朝焼けに。土手に登って撮り始めたら間もなく色褪せ、やがて雲の向こうに日の出。190928.jpg

バロン夫婦の周りに集まるオオバンの数が増えた。少し離れてカルガモが集まり、暫くぶりにカンムリカイツブリも現れた。190928a.jpg

キイロガガンボのつもりで撮ってきて、モニターで拡大してみたらキイロガガンボとはちょっと違う。キリウジガガンボだろうか長い足を広げて。190928b.jpg


『支度の途中らしいバッグを二ヵ所で発見』(2019.9.28)
一昨日、昨日は自分のことでY先生の紹介状を持ってT消化器病院受診するやら一泊検査入院の予約などで精一杯。それに加え妻の処方薬が28日午前中でなくなるので、入院していた病院が処方した薬も加えY先生に処方箋をお願いしてあった。昨日午後Y内科病院でY先生から妻の胃カメラと腹部エコー検査の結果の説明を受け、胃カメラを担当された先生常勤の病院でのCTまたはMRI検査の予約もしていただいた。そのあと薬を処方していただくに当たって薬手帳をショートステイに出掛けた妻に持たせてあったことに気付く。私のミスに気付いて慌てた。ショートステイ先まで取りに行くことを考えたが時間が足りない。Y病院の方々、薬局の方々、ショートステイ先の方々がいろいろ知恵を出してくださり、診療明細書をパソコンに保存したことを思い出した。帰宅して診療明細書と薬の説明書をコピー、何とか時間内に処方箋を書いていただき薬局に滑り込んだ。皆さんから、「慌てないで」「気をつけて」と心配していただいいて無事帰宅。
一段落して帰宅したら、あたふたしていて見えなかったものが見えてきた。そして、ショートステイに出掛ける前の妻の気持ちの痕跡を見た気がした。急なショートステイ、私の体調不良を気にして泣いていた妻だったが、混乱した頭でショートステイに出掛ける準備を何とか自分でしようとしていて、途中で何かを探しに立って忘れてしまったのだろう手提げ袋が二ヵ所にあった。忙しさに紛れ、妻の気持ちを見落としていたようだ。190928c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント