南からの風に波立つ水面は空色

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.8.9)

南からの風に波立つ水面は空色、風の当たらない岸辺は地平線の空を映して赤く染まる。190809.jpg

お兄さんを待っていたラッキー親子に近寄り過ぎたオオバンの親子。遊びたくてお茶目な茶色の子がオオバンの子を追い掛ける。190809a.jpg

「チビ、やめて」と声を掛けたお兄さん、オオバンの父さんが茶色の子の前を横切って自分を追わせ、オオバンの子どもたちから引き離す。190809b.jpg

やがて浅間橋の上に日の出。周りを赤く染めて薄雲の中から滲み出た太陽、折り重なる送電線や鉄塔の向こうに。190809c.jpg