みすぼらしくなった羽を丹念に羽繕い

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.8.22)

周辺のパトロールが終わって来たのだろうビッグ父さん、みすぼらしくなった羽を丹念に羽繕い。時々休んで対岸を見る。190822.jpg

対岸の取水口方向から出てきたコブハクチョウ八羽、やっぱり子どもは七羽しかいない。近寄って来たら、昨日も現れず最近親から離れ勝手な行動が増えた子が来ていない。一足早い親離れか。190822a.jpg

ラッキーが食べ残した餌に群がっていたハトが一斉に飛び立った。上空を通過し対岸の向こうへ飛び去ったハヤブサを撮り損なったら、代わりにトビが飛来して上空を旋回。190822b.jpg

水門の外の田んぼへの水路、浮上した親の周りに出てきた子ども二羽。親から貰った小魚を咥え瞬く間に飲み込んだ。190822c.jpg

この記事へのコメント

やましたかよ
2019年08月23日 00:47
いつも素敵な📷️と記事をありがとうございました。これからも手賀沼の自然の素晴らしさを配信続けてね。では、お体ご自愛なさってぬださい。これからは、陰ながら、応援しております。