首を伸ばして「グー」と唸り朝の挨拶

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.8.11)
(アルツハイマー)

お兄さんが「おはようラッキー」と言えば、首を伸ばして「グー」と唸り朝の挨拶。横で子どもが真似をして首を伸ばしたら、子どもの方を向いてまた朝の挨拶をしたラッキー父さん。いつの間に来たのか二羽の子どもを連れたオオバンのペア、ラッキー親子が餌を貰うのを遠巻きに待つ。190811.jpg

お兄さんを待っていたバロン夫婦。バロン夫婦が岸辺に来たらさっと飛んできたハトが数羽。岸辺のヨシの陰からは三羽の子どもを連れたオオバンも来る。190811a.jpg

自分でも餌を拾って食べられるのに、父さんが拾ってくる餌を待つオオバンの子どもたち。梅雨明けのころから急に体が大きくなり始めた一番小柄な子。190811b.jpg

「何にも見えないの」とアルツハイマーの妻
二年ほど前のある日、前日に何があったか思い出そうとしたアルツハイマーの妻。イライラした表情になって呟いた。
「思い出そうとしても何にも見えないの。頭の中に薄い紙の仕切りが挟まっていてその向こうが見えないの」と。
またあるときには、「頭の中に霧が詰まっていて、思い出そうとしても情景が見えてこないの」と。
霧の朝、横を通り過ぎていった散歩の人が霧に吸い込まれるように消えていったのを眺めた。妻が記憶を辿ろうとしたとき訴えていたのはこんなことかと思ったことがあった。
今年の梅雨の期間、また一段階妻の症状が進んだように思う。何かを問うと、「頭が馬鹿になっちゃったから分からない」と思い出そうともせず笑って取り繕おうとすることが増えた。190811c.jpg

この記事へのコメント