お兄さんの車が着いたことを察知して

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.7.23)

お兄さんの車が着いたことを察知して岸辺に寄ってきたラッキー親子。ラッキー親子の後を追うように子ども二羽を連れたオオバン親子も現れる。190724.jpg

バロン夫婦のいる岸に移動したら、待っていた夫婦の後ろにオオバン親子。いつも三羽の子どもを連れてくるのに今朝は二羽だけ。何かに襲われて一羽欠けたかと気にしていたら、「下流の岸で鳴いている」とお兄さん。お兄さんに聞こえる鳴き声が私の耳には何も聞こえない。190724a.jpg

ヨシゴイを撮ろうと待ち構えていたら、ヒメガマの群落の中の巣へ戻るオオバン親子。三羽の子どもが並んで泳ぎ、一番小さな子の元気な姿を確認した。190724b.jpg

ヨシゴイの親が戻ってくると、餌を貰おうとヒメガマの群落から子ども四羽が出てきた。四羽目の子どもは隙間に脚と腹がちらりと見えたがどこにいるか見付けられますか?190724c.jpg