ブログについて

私のブログを見ていただき、沢山のコメントをお寄せ下さってありがとうございます。
私の書いた記事で不快になられた方々にはお詫びします。
コメントいただいた方へ私の思う事を述べさせていただきます。

ハク子さんへ
保護されたビッグの子の様子を詳しくお知らせ下さって、保護され安全に生きている事に安堵しました。
最初に保護された事の連絡を頂いた時、発作の群が古い橋で給餌されていたころの出来事が悪夢のように思い出され、刹那的に書いた2行が今回保護された子の状況を確認する前であったことは慚愧の念に堪えません。早急に訂正したくてもブログがリニューアル直後でもたつく間に次々いろいろな角度からのコメントを頂き躊躇していた事は否めません。そのことについて不誠実と多くのおしかりを受けている事に反論はありません。ハク子さんはじめ、多くの方が係わって傷ついた子たちを守って下さっている事に感謝します。そして平和に仲良く暮らしていることを嬉しく思います。
ラッキーたちが休む場所の釣り糸、釣り針、鉛などの回収と掃除、ありがとうございました。いつも川上さんも釣り糸、釣り針、鉛、タバコの吸い殻など拾っていますし、私もより一層見回すようにします。
ビッグ母さんのコブに刺さった釣り針を見付け、川上さんがとろうと呼んでも捕まらず、数日後とれていたのは父さんに叩かれあざを作りながらも外して下さった事と川上さんから聞いています。
お目に掛かってお話を伺える機会があったら嬉しく思います。

タロウさんへ
感動的なお話の紹介ありがとうございます。
何を見ているのかと言われれば、私自身に身体的な欠陥が出て以来何年か発作橋周辺までは見ていません。限られた時間の中でビッグ、ラッキー、バロンの三ヵ所、散歩で通る市民農園跡しか見ていません。

環境保全さん
コメントありがとうございます。
なぜコブハクチョウにばかり固執するのかのご指摘については、ブログに掲載したコブハクチョウについて「カナダガンのように駆除する活動で、地域住民の意見集約に邪魔だ」との強い指摘があり、それならばコブハクチョウについて書き続けようと思った次第です。それが切っ掛けで、川上さんの活動を掲載させていただいていました。
ブログ管理者としての一般への配慮について、ご指摘のことよく検討して今後に生かします。
ご指摘ありがとうございました。

書かせていただきますさん
発作の様子をお知らせ下さってありがとうございます。
ここ数年は発作橋周辺までは撮影に出掛けていませんでした。

記事修正について
7月5日の記述、『追い出された子は車で発作へ運ばれたそうだが、新顔の子を群の弱者が圧殺した例が過去に二回。』を書き直す事を考えましたが、ここを後から削除すると沢山頂いたコメントとの整合がとれなくなります。いろいろ悩みましたが、せっかく頂いたコメントを無駄にしないためにも、訂正して、訂正内容を注記したいと思います。


190709.jpg
190709a.jpg
190709b.jpg
190709c.jpg
コブハクチョウが貰ったパンを咥え、ヒメガマの群落へ向かえば巣から出てきた雛たち。親の周りに突進して餌を貰う。
オオバンの家族の上をヨシゴイが飛んだ。上空にはアマサギも混じったチュウサギの群が手賀川沿いに手賀沼に向かった。
今朝の朝焼けは薄雲がピンク。鳥たちにもいい日であって欲しい。
(2019.7.9)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くみこ
2019年07月10日 13:37
先ほどのサコさんのコメントを拝見できて心の底よりほっとしています。

1日も早く元の穏やかで平和なブログに戻って欲しいですね。
konさんが使われる日本語は本当に美しく昨日の長文に感動しておりました。

今回、色んな方々から寄せられたコメントを残らず拝読致しましたが白鳥は世界中の多くの方々から愛されているのですね。

皆様の白鳥愛や情熱を、もっと違う形で表現できないでしょうか。

例えば突然、白鳥がどこかへ消える現象が心配であれば可能な範囲内ですが交代で見回りをされるとか。

皆様方がお持ちのエネルギーをもっとポジティブな形でお使いになれば白鳥達は今よりもっともっと幸せに暮らせる事と私は信じています。
田中  猫の保護活動家
2019年07月10日 16:55
このブロガーの側に立って発言するbyサコ、byくみこの言葉一つ一つが非常に嫌味で狭い視野の持ち主で真剣に保護活動をしている人達の行為を否定し、侮辱する行為だとなぜ気が付かないのでしょう折角のブロガーのコメントが台無しになり大変不愉快になります


ブロガーに提案
こんなレベルの人達の集まりならば世間にさらすのは恥ずかしいのでお友達にだけ限られた発信にすべきです
レベルの低い仲間同士で楽しめばいい

事の重大さを分かっていない

SNSでの発信は世界に発する事、一度発した画像は登録されれば消せない
好意的な人もいれば悪意に満ちた人もいる
猫を助ける人もいれば、猫をいたぶって喜ぶ人もいる

ならばブロガーの自宅や家族のご飯を食べている動画を乗せればいい
お仲間のbyサコ、byくみこの同様の写真を載せればいい
それが嫌なら、白鳥だって同じハズ

収まっていた感情にまた油を注ぎ、怒らせるのは、お仲間のbyサコ、byくみこだと何故に分からないのだろう











熱心な保護活動家
2019年07月10日 18:22
田中さんに賛成

きれいー、かわいいーって言っているだけの奴は保護活動の邪魔でしかない


みんな自分の時間とお金と労力を全力投球しているんだよ
安易なだから安易な行動や言葉に苛立つんだ


俺らが活動しているのはこれ↓

「2020年、私たちは世界中からの人々を日本にお招きし、おもてなしすることになります。しかし一方で、日本は動物の保護・福祉に関しては他の先進国に比べてはるかに遅れていると言わざるを得ません。

このまたとない機会を、生きものたちとの共存を見直すチャンスとするために、私は2014年の春、人間と生きものたち、お互いの命が共存・共生し、調和する社会の実現を目指すために、一般財団法人 CHRISTEL VIE ENSEMBLE (クリステル・ヴィ・アンサンブル)を立ち上げました。

私たちの気持ちが少しでも動物たちに寄り添い、健全な支え合いをとりもどすことで、日本が本来持っていた、たくさんの思いやりや知恵が、再び甦ってくれることを信じています。
今回は財団から、国の天然記念物であるオオワシが直面する危機について、お話しさせてください。
***
国の天然記念物であるオオワシやオジロワシなどの猛禽類が、鉛中毒によって大量に死んでいる現実をご存知ですか?
中毒死したオオワシの胃から、鉛弾(ライフル弾や散弾)の破片が発見されています。オオワシは狩猟の際に撃たれたエゾシカの死体と一緒に鉛弾の破片を食べ、鉛中毒になり死亡しているのです。
ワシの鉛中毒死は現在も続いています。これまでに150例以上が確認されていますが、もちろん人知れず死んでいる個体も多いものと推定され、この数字は氷山の一角に過ぎません。
北海道では、2004年からヒグマを含む全ての大型獣の狩猟で鉛弾が使用禁止になり、2014年からは、エゾシカ猟の際に鉛弾を「所持」することが条例で禁止されました。しかし、鉛弾の誤食による野生動物の鉛中毒を根絶するためには、全国規模で狩猟に使われる鉛弾を規制し、無毒の銅弾などに移行することが必要です。規制のない道外からハンターが鉛弾を持ち込み、使用している可能性が高いこと、そして鉛弾で撃たれたものの致命傷とはならず、逃げ延びた獲物がどこか別の場所で死に、オオワシなどに限らずこれを食べた他の動物が鉛中毒の被害に遭っている可能性が高いからです。
そして鉛弾の規制が遵守されていない現状を打破するためにも、鉛弾をカスミ網などと同様の「使用禁止猟具」扱いにし、狩猟時の鉛弾については使用のみならず、流通や所持に関しても原則的に規制することを求めます。
流れは確実に規制強化の方向へ動いています。いま私たちが声をあげれば、全国規模の規制の後押しとなります。
野生動物の鉛中毒根絶元年が宣言される日が、一日でも早く来ることを心から願っています。」
https://vimeo.com/112560933
ピノ
2019年07月10日 19:20
kon様
コブハクチョウ達の様子を毎日朝早くから
撮り続けてブログへ上げていただき
『ありがとうございます。』

このブログをこれからも拝見していく立場で申し上げます。
ブログに対する批判に憔悴されてしまっていることと存じます。
拝見する中で、15:29 日本の方 15:31 外国の方 15:35 外国の方 15:38 外国の方
15:53 外国の方で皆さん♯白鳥に…と
書き込んでいる方も…
ブログがなくなってプラスになる人も
文章からもその人が見えてきます。

入院された時もその様子をブログに上げていただき退院後も直ぐにコブハクチョウ達の様子が見られ非常に感謝しております。

手賀沼の白鳥達を守るのは動物愛護活動をされている方だけではありません。
警察も直ぐに協力していただけました
夜は手賀沼周辺をパトロール、ある日は予想もつかないところにパトカーを止めて監視してくれていました!
外国の方にも白鳥をつかまえると法律によって罪になる事を一斉配信してもらうよう依頼して実際に配信しています。
手賀沼のコブハクチョウ達を数多くの方々が見守っています!
ブログを知らない方々が沢山なはずです。

テレビのニュースでさえ指定された原稿になり一部の情報と一定の方向から見た意見を次から次へと平気で読み上げてます。
何%の情報でしょう!
全てを知る必要はないということです^_^
配信ブログの内容もお兄さんのコメントも信じてます、おかしな事を言う人だと全ての人が感じているので置いていきましょう。


手賀沼のコブハクチョウ達と農家の方との
ふれあいができる一歩にこのブログが貢献しているはずです!
私もブログを見ることが出来ましたから応援することができた1人です。

今まで通りのブログでいいと私はハッキリとおもいます。
何も気にせず一日も早いブログの再開を待っています‼️
2019年07月10日 23:04
くみこさん

「例えば突然、白鳥がどこかへ消える現象が心配であれば可能な範囲内ですが交代で見回りをされるとか」

と有りますが
勿論くみこさんも率先して見回りされてますよね?
くみこさんは何時、何処を、何時頃見回りされてるんですか?

事細かくくみこさんを特定出来るように教えて下さい


何?

自分の存在を特定されてしまうので
そんなの怖くて出来ないですって


はぐれた雛は連日のように場所を特定されてしまい
哀れな姿を全世界に誰でも簡単に分かるように
特定されてますけどご自分はイヤなのですか?


はぐれた雛は今いる場所が自宅なんですよ

そのはぐれた雛の自宅を荒らすだけ荒らしてる
このブログを肯定し続けるならば
くみこさんを特定出来る情報を発信してみてはどうでしょうか?

そんな事出来ませんよね

はぐれた雛の自宅は良くて
くみこさんのはダメなんておかしいですね

この理不尽なブログのかばいだては
そろそろお辞めになってみては如何かな?

見てて不愉快極まりないものです

くみこさんは言葉は丁寧だが
内容が極めて醜く見苦しいものです

田中さんがおっしゃってる事に
素直にうなずけます





くみこ
2019年07月11日 01:51
私のコメントで不愉快な思いをさせてしまったのでしたら申し訳ございませんでした。

見回り活動ですが、やりたくても物理的に不可能な場所に住んでおります故、遠方に住んでいても出来そうな保護活動がありましたら、ご教授いただけると大変ありがたいです。

熱心な保護活動家さんのおっしゃってる内容は、私にも理解でき、なるほどと思いましたが
田中さんクラスになると感性が違いすぎて
残念ながら私には理解不能です。

これ以上、konさんのコメント欄を汚したくないので、そろそろ私の発言は控えようかと思っているところでございます。
Kon
2019年07月11日 11:49
ピノさん

長い間見ていてて下さりありがとうございます。
いろいろご心配をおかけしました。一時の悪夢のフラッシュバックから刹那的書いた二行を事実確認をせずにネット上に流した事が今回のことの始まりでした。提言や批判の中にきらめくものは取り入れて、より多くの方にご覧いただけるブログにしたいと思いますし、応援メッセージとして書き込んで下さった方々のコメントも一歩前に進む推進力となります。ありがとうございました。