もてもてビッグお兄さんの後におばさんもパン

190705.jpg
もてもてビッグお兄さんの後におばさんもパン。
追い出された子についてのコメントを頂いた、
保護され新しい場所で安全に育つ事を祈ります。
(下2行訂正。訂正理由は7月9日記事をご覧下さい)

190705a.jpg
餌を貰ったらラッキー親子はヒメガマの群落へ。
ヒメガマを引き抜き子どもに食べさせる両親、
揺れるヒメガマに撮りたいヨシゴイは飛ばない。

190705b.jpg
バロン夫婦が餌を貰ったら隙を覗うオオバン。
夫婦が食べ終わったころ餌に突進したオオバン、
ハシブトガラスと競ってパンの耳を拾い集める。
-
今朝の手賀沼  (2019.7.5 5:00)
パンを咥えて対岸に向かえば相棒も運びに来る
190705c.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ハク子
2019年07月06日 09:06
ビック母さん、父さん
追い出された雛は頑張って生き抜いて心ある方に保護され
安心な場所で今日も元気でいましたよ

一人ぼっちでいる時より遥かに生き生きして、安心して眠れている様子で本当に良かった。

オランダのお友達も感謝していました。

心からありがとう!

ワールド
2019年07月06日 09:52
[追い出された子は車で発作へ運ばれたそうだが、
新顔の子を群の弱者が圧殺した例が過去に二回]
とありますが、これは他の白鳥の縄張り内に置いてしまった場合に起こります
今回の移動させた場所の判断は、最適でした

イギリスの野生動物保護団体の「ワイルドライフ・エイド」会員
https://www.wildlifeaid.org.uk/
ビック、ラッキーの友達
2019年07月06日 11:49
ビックの追い出された子、この後が心配です。群れの中で一番弱いものがいじめの対象になり殺されることがあります。この子をかばってくれる成鳥がいなければ難しいと思われます。数日様子を見ています。無事であればよいのですが。弱いと解ったら殺されます。移動するのがあまりに早すぎです。
ハク子
2019年07月06日 15:56
ビック、ラッキーの友達 さん
貴方は本当に雛を見ていますか?
また、本当にあの場所の雛を見ましたか?
田んぼ農家に見つかり農薬をまかれて追い出されたのを知っていますか?

今日も朝と昼に雛を見に行きましたが、元気にお兄さんお姉さん白鳥に守られて
のんびり毛づくろいをしたり、ご飯を食べる時には誰にも負けずに一番前で
食べている姿を見ましたか?
事実をよく確認したうえで言うべきです。
暇人
2019年07月06日 16:40
ビック、ラッキーの友達さんの発言オカシイよ
弱いと分かったら殺される?

あそこには羽根のない白鳥、弱った白鳥たちが数多く新入りしたけど
弱いから殺されたのを見たことがない

無責任に発言するなよ
隣人
2019年07月06日 16:48
白鳥は命を懸けて戦うのは縄張り争いや我が子を守る時だけ
それ以外は非常に平和主義な鳥です

弱い者いじめはしない

それをするのは肉食動物と人間だけ
Kon(ブログ作者)
2019年07月06日 18:49
隣人さん、暇人さん
ブログをご覧いただきありがとうございます。
以前、発作橋(古い橋)で毎朝、毎夕給餌されていたころ、ビッグの子ほどの子どもが群の中に放たれた事が三度ありました。その内二度は、群れの中でいつも虐められていた一番の弱者が追い回して、上に乗り殺してしまいました。発作橋で給餌が行われなくなるまで十年ほど発作橋の群を観察しましたが、群れの中での弱者は自分より弱いものを虐めるのを何度も目撃し、圧殺した時は公開はしなかったが写真の記録もあります。一度は片羽になった亀成の老鳥が庇って助けた事例もあります。助けられたのはココと名付けられていました。
皆さん、それぞれ見る視点、観察する環境が異なり、一概にビック、ラッキーの友達さんを一方的に否定するようなご発言はいかがなものかと思います。
Kon (ブログ作者)
2019年07月06日 18:54
コブハクチョウは弱いものいじめをするのは何度も見ています。何度も写真撮影もしています。私はコブハクチョウの専門家ではありませんが、十数年コブハクチョウを見てきて、そう感じています。
ハク子
2019年07月06日 20:53
ブログ作者さん
貴方はブログに雛の写真が投稿出来なくなったことが残念なだけなんじゃないですか?

毎日見ている????
長年見ていた????

何を見ていたのでしょう???
写真がある?

ブログって公開する物でしょ
意見に対する反論は覚悟して投稿すべきです
嘘は嘘だと言っているのです


嘘つきのおかしなコメントを訂正してなのが悪いのですか?




隣人
2019年07月06日 20:56
このブログ作者

可笑しいんじゃない?




隣人
2019年07月06日 20:58
お兄さんもご飯ばかり挙げていないで
保護活動しろよ。

真剣に保護活動をしている人をなじって何が楽しいの?

頭おかしいよ
ハク子
2019年07月06日 21:19
今一度、雛の事を
よく観察してから発信してください
私は毎日見ているけど、ご飯もよく食べてよく眠っています
さすがに強い子です。
羽根の折れた白鳥がいつも寄り添ってくれています
確認してから意見は言ってください

一人ぼっちで田んぼから追い出され泣いていたあの日の夕方の雛の姿からは想像できない程元気です
あのまま放置した方が良かったなんてよく言えたものです

昨年、あの地域では横の川にも餌やり禁止の看板が立ちました事は知っていますよね
あの環境の中で白鳥たちを守るには田んぼに出してはいけないのです
出たら一時も早く川に戻さなければならないのです

軽はずみないい加減な発信は控えた方が良いです

皆、自分たちが正しいと思っているのだろうけど、
正しいものはみな実はわかっていないのです

このようにブログで白鳥たちを発信すること自体私は反対です
心無い人も未だ多くいるのが現実だからです


弱い者いじめで殺されるより、釣り糸ルアーで毎年多くの白鳥たちが死んでいます
ルアーの一つも拾ってください。
田中
2019年07月06日 21:27
動物の保護活動をしていますが、ブログ作者に意見があります
ハク子さんに賛同です

マイナーの発信は今すべきではない

野良犬、野良猫の情報もここにいると知らしめることは僕も反対で、Twitter上では控えるよう言います

本当に動物を思っているのであれば、発信は控えるべきだとこれも賛同します
井上
2019年07月06日 21:30
このブログ作者 変じゃね
それなら公開するなよ

自分で意見言って反論されたら今度はブログ作者って自作自演じゃね
anndye
2019年07月06日 22:06
Blogger saying something strange
When swans are bullying the weak
When you kill a wolf
Are you stupid
Don't make a wrong call

間違い良くない
このブロガー悪い
若井
2019年07月06日 22:16
弱い者いじめではなく、力の誇示であってよくある事ですね
明らかな力の差があるものを、いじめることはしないです
ましてや雛を成鳥が殺すことはありません。

良く追いかけているのを言っているのだとしたら、それは間違っています

縄張りに侵入した場合
雛を守る場合
以外は単なる力比べなのです
相手を殺すことはありません

亡くなった鳥がいたとしたら、それは違う原因が考えられます。以上

read
2019年07月07日 00:20
ビック ラッキーのお友達さん。
質問が 有ります!
雛ちゃんの今の現状はどうなんでしょうか?
虐められ 怪我でもしているのでしょうか?
それかハク子さん言うように 元気なんでしょうか?
それが答えだと思います。
お聞かせくだ。
どんな動物でも怪我もない状態なら、 その群れで 1日生きていられれば 生きていけます。
命に早い遅いはないと思います。
農薬がどれだけ恐ろしいものか ビック ラッキーのお友達さんはご存知ないのかな?
もし知らないのであれば 検索して下さい。
それからの投稿でも遅くは無いと思いますよ!
白鳥を見世物にする人大嫌い
2019年07月07日 00:27
前々からこの白鳥を見世物にして喜んでるブログ作者に腹が立って仕方がかったので書き込む、白鳥が嫌いでしょうがない人物もいるのに完全に場所が特定できる写真をアップして場所までご丁寧に説明しておいて、もしこのブログが原因で白鳥に危害が加えられたらあなたどう責任取るつもりですか!!
今回も性懲りもなく親からはぐれた雛の場所を完全に特定出来るように写真付で公開しておいてそれでもだ飽きたらず、安全な場所にやっと移れたと言うのにその場所までまた公開してしまって、どう言うつもりですか!!!
白鳥達が哀れで仕方がない、一体このブログは何が目的なのか明確にしてもらいたい。

白鳥を見世物にする人大嫌い
2019年07月07日 02:21
ビック、ラッキーの友達さん
〉〉ビックの追い出された、この後が心配です
  そうですか

〉〉群れの中で一番弱いものがいじめの対象になり殺されることがあります。
  何を根拠にこんな発言をしてるの?あなた専門家なんでしょうね?

〉〉この子をかばってくれる成鳥がいなければ難しいと思われます。
  何が難しいんだ?じゃあかばってくれる成鳥を連れて来てちょうだい

〉〉数日様子を見ています。
  何もしないで口だけ出す人の良く使うフレーズだな

〉〉無事であればよいのですが。
  本当にそう思ってるのか?

〉〉弱いとわかったら殺されます。
  殺される、殺されるってあなた殺すの好きだな!!
  だから何を根拠に殺されると言ってるんだ、弱いとわかったらって
  弱いに決まってるじゃないかまだ雛なんだから、少なくとも群れに入った   んだから狸やいたちなど外敵は襲いづらくなって良かったと言う考えには   ならないのか?本当に腹の立つ猟奇的な発言だな

〉〉移動するのがあまりに早すぎです。
  早すぎ??????????????????????????????
  遅すぎの間違えじゃないか?
  あんなドロドロの汚い農薬だらけの水路に居るのに?
  じゃあ何時なら良かったんだ?
  

あなたとブログ作者に提案です、あの雛があの場所に居た日数と同じ日数だけご自分の布団やベッドに農薬を撒いて寝てみてはどうだろう?
そうすれば少しはあの雛の味わった苦痛や苦しみがあなた方も分かるかも知れないですよ。
白鳥を見世物にする人大嫌い
2019年07月07日 02:57
田中さんへ

おっと~
田中さんの投稿を見落としてました

《 野良犬、野良猫の情報もここにいると知らしめることは僕も反対で、Twitter上では控えるよう言います

本当に動物を思っているのであれば、発信は控えるべきだとこれも賛同します 》 


私も田中さんの考えに賛同します
野良犬、野良猫がここに居ますよとブログで知らしめてしまえばその野良犬、野良猫は誰でも見つけ出す事が出来ます
ニュースで見た方も沢山いると思いますが先月
猫を殺す目的で少なくとも一年間で50~100匹の飼い猫も含む外猫を自宅に連れ去り時間をかけてゆっくりと楽しみながら殺していた男が逮捕されました
本人はもう何匹連れ去ったか分かってないと言ってます
その男の猫の殺し方は私はとても文章に書き出すことは出来ない程おぞましく残酷極まりないものです、このような犯罪が起きるから野良犬、野良猫に限らず生き物がいる場所を知らしる投稿は絶対にしてはいけないのです


田中さん素晴らしい書き込み感謝します


田中さんの言葉をお借りします

本当に動物を思っているのであれば、発信は控えるべきだ!!!


田中さんの動物の保護活動を応援します。
oran
2019年07月07日 07:14
Voer geen verkeerde oproep uit
Ik sta niet toe dat het maken van afbeeldingen slecht is
Fool of

ブロガーおかしいよ
まちがったはっそうはいけないね

一応専門家です。岩崎
2019年07月07日 09:31
Kon (ブログ作者) ☆これは間違った見解☆
2019年07月06日 18:54
コブハクチョウは弱いものいじめをするのは何度も見ています。何度も写真撮影もしています。私はコブハクチョウの専門家ではありませんが、十数年コブハクチョウを見てきて、そう感じています。

☆反論します☆
ご飯を目の前にして騒ぎ立て小競り合いは起こります
これは弱いものをターゲットとしているのではなく誰彼構わずに追いかけることがあります
子供のふざけた小競り合いと同等これに於いては命がけではありません

またフリースぺース(だれの縄張りではない区域)の隣接のオスがフリースペース内の鳥を威嚇し追い回す行為もあります
これはいわゆる縄張り保守、自分の力を見せつけて自分の家族、縄張りを守る行為です、これに於いても命が係ることはないのです
ただし、縄張り内の侵入者においては命がけの戦いは起こります

白鳥の基本ルールでは雛は優先、すなわち子育中の家族優先なのです

貴方の見た追いかけている様子は単なる小競り合い
また、過去フリースペースに放たれた雛が万が一亡くなっていたとしたら
それは雛自体の病気や欠陥によるものと思われます

親鳥が雛の中で育児放棄する個体がある時にはその雛には何らかの欠陥がある事が多数です

猫かにも見られますが、子供の成長が危ぶまれるときには親は子を捨てるのです。

保護されフリースペースに放たれた雛のその後、数日たちますが元気な様子と伺いました写真動画も拝見しましたが、移動には何ら問題ないものと判断出来ます

今後、雛自体に親鳥の育児放棄の原因が明白になる事もあります
注意深く見守ってあげてください。

保護してくれた方に感謝


白鳥を見世物にする人大嫌い
2019年07月07日 21:22
岩崎先生

岩崎先生の投稿を読ませて頂きました

非常に興味深い内容に感心させられました
そして先生の文章と雛の居る現場での白鳥達の実際の行動を
頭の中で照らし合わせました、すると先生の書かれた内容と
ほぼ同じ行動を白鳥達はとっておりました

これによって私も安心を頂いたような気分です

専門家の岩崎先生のご登場に心より感謝致します。