コイが尾で水を掛け流れ出した餌を食べる

撮影ノート『手賀沼有情』 (2019.7.27)

ラッキー親子が貰って食べ残した餌、コイが尾で水を掛け流れ出した餌を食べる。190727.jpg

ラッキー親子の後ろで餌を拾い子どもたちに与えたオオバン夫婦。せわしく跳ねるコイから離れて寛いでいれば、突然一番小さな子が岸に向かって逃げ込む。上空をトビ一羽が通過、トビの恐ろしい記憶があるからか。190727a.jpg

雲の隙間から淡い陽光が差し込み、ふと気がつけば手賀川をまたぐ大きな虹。上流から雨が来るのか、手賀沼や高野山方向は真っ白。190727b.jpg

餌を貰った後は草地でくつろいでいたラッキー親子。薄日が射しているのにポツリポツリと雨、車に向かって歩き始めたらザアと降り出す。190727c.jpg

この記事へのコメント

2019年07月27日 18:14
毎日、オオバン親子を取り上げてくださいまして、ありがとうございます。おかげで、5羽のヒナ達がみな無事に大きくなっているのが確認することができ、安心しております。引き続き、楽しみに拝見させていただきます。