明け方に出た月、細い月

 日の出の方向を中心に、地平線にほんのりと橙色の帯が現れるころ、地平線から細い月が昇りはじめた。
 まだ暗いから露光時間が長く、写真を撮っても月が動いてしまってうまく撮れない。あたりが少しずつ明るくなり、シャッター速度が3秒より短くなると月の形が崩れなくなる。

 風のない日は、地平線の橙色が水面に映って橙色の沼になる。風があると波が立ち、光を乱反射して、空の大部分を占める上空の青色に染まる。中途半端な風の日は、風の通り道が模様になって水面に映し出される。今朝の風は強すぎて、沼は青一色。

 昨日の「鉄塔に登った朝陽」を見てくれた中学の同級生がメールをくれた。『今日の、「鉄塔に登った朝陽」すばらし!気分爽快元気がでます。明日もたのしみに!』と。嬉しくなった。同時に半世紀以上も前の顔が鮮明に浮かんだ。私に絵心があったなら、昔のまんまを肖像画に描けるほどに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0